Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

英語

今日の英語:opinionated

= 意固地な。 「頑固な」より「意固地な」の方がよりしっくり来る語。

今日の英語:hodgepodge

= ごちゃまぜ、寄せ集め。 なんとなく"hogehoge"に近いスペル、意味も近、くはないかw。hotch-potchとも言う。そういえばこんなのあったね。 『ハッチポッチステーション』(英称:HOTCH POTCH STATION)は、1995年から2005年にかけてNHK衛星第2テレビ (BS2)…

今日の英語:obstruction of justice

= 公務執行妨害。ただアメリカだと通常もっと狭義の意味で、捜査官の自分への捜査を妨害すること。トランプ・コーミーの一件はこれが適用されるかどうか、というところが焦点。

今日の英語:pore

= 毛穴。 韓国のスキンケアビジネス、"pore vacuuming"(毛穴吸引)の紹介ビデオ。 NPRのレポーターが実際に毛穴吸引のデモ。 "pore juice"とかうぇっ、と想像するだけでなるけど、思ったほどグロでなかった様子。毛穴吸引だけでなく、"white tanning"なる美…

今日の英語:out of this world

= この世のものとも思えないぐらい良い。 宇宙飛行士の食生活を改善してあげよう、という目的の元、宇宙ステーションでパンを焼こう!というプロジェクトがあるらしい。 このプロジェクトのサイトによれば、 The goal of our experiment is to produce fresh…

今日の英語:cookie-cutter

= 金太郎飴。 ってこれじゃなんだかわからんかw。文字通りの意味はそれこそクッキーの型抜き。全ておんなじクッキーになるんで特徴ない画一的になることから。ドコを切っても金太郎と同じ。所変わってもお菓子で同じ言い回しになるのは面白い。 前置き(と…

今日の英語:coup

= クーデター。 前にマヨネーズのスタートアップについて書いた。 当時から色々ゴタゴタしてたけど、 どうも重役3人が会社の転覆を図っていた模様。未然に発覚してクビに、という発表。スタートアップって大変なんですね。

今日の英語:water down

= (法案等を)骨抜きにする。 まああんまりポリティカルなことは書かないつもりだけれど、これも英語の勉強だw The Justice Dept. should have stayed with the original Travel Ban, not the watered down, politically correct version they submitted to …

今日の英語:wholesome

= 健全な。 先週のNBC Todayにライブで登場したマイリー・サイラス。やたらまともになっててこんなツイートしたんだけれど、 マイリー・サイラス on #TodayShow 前より落ち着いたなさすがに。 — Naoto Sato (@naotoj) May 26, 2017 こんな記事を読んだ。 ど…

今日の英語:promposal

= プロムに誘うためのプロポーズ。(prom + proposal) 年頃の男の子たちにとっては一大事。でもこれはいかんよね。 国立公園内の岩にスプレーしたプロムポーザル。しかしこのプロポーザル、うまく行ったのかが気になる。そういえば一昨日登ったMontebelloでも…

今日の英語:grain of salt

= 話半分で。 昨日に引き続き、お塩ネタ。まあこのフレーズ自体はよく出てくるんで覚えておいて損はないけど、今日NPRだかなんだかで聴いたフレーズが"with lots of salt"というもの。ああ、塩の量が多ければ多いほど胡散臭さが増す、という慣用句なのか、と…

今日の英語:DOA

= Dead On Arrival = 病院到着時に既に死亡して状態 = 提出時に既に破綻している法案。 = トランプの予算案。 関係ないけど、"DOB"は誕生日。"COB"は業務終了。

今日の英語:botulism

= ボツリヌス菌による中毒。 サクラメント近郊のガソリンスタンドで売っていたナチョチーズソースを食べた男性がボツリヌス菌中毒で死亡、というニュース。この"botulism"、「ボツリヌス」が頭にあると聞き取れない。どっちかといえば「ボチャリズム」みたい…

今日の(アパレル)英語:romper

= ロンパー。日本語の「ロンパース」だと赤ちゃん着包みになっちゃうけれどw、こんなの。女性用の、上下繋がって下がパンツ系のワンピース?(違ったらスマソ) んで、ここ数日ネット界隈で話題になってるのがこれ、 男性用ロンパー、"RompHim"がキックスタータ…

今日の英語:sologamy

= 該当する日本語が思いつかないけど、「自己婚」とか?*1 monogamyに関しては前に書いたけど(polygamyも書いたかもだけど忘れた)、"sologamy"がトレンドなんだそう。 自分自身と結婚して挙式するこの"sologamy"、なにそれ???なんだけれども結局、 Othe…

今日の英語:mockumentary

= 虚構ドキュメンタリー。 HBOで自転車競技のドーピングをテーマにしたモキュメンタリーを放送するらしい。 "Tour de Pharmacy"と題されたこの映像、結構メジャーな役者が登場する。Kevin Baconとかはまり役だろうけど、オーランド・ブルームとかどんな役な…

今日の英語:cognitive bias

= 認知バイアス。 認知バイアス(にんちバイアス、英: cognitive bias)とは、認知心理学や社会心理学での様々な観察者効果の一種であり、非常に基本的な統計学的な誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)など人間が犯しやすい問題である。認知バイ…

今日の(医療?)英語:avocado hand

= アボカドの包丁さばきで失敗して手に大怪我を負うこと。 んなばかな、と思うけど、アボカドハンドで救急病院に駆けつけるケースが急増していて、医療費がばかにならないらしい。 上の写真にもあるけど、普通半分に切って、種にナイフをカツンと刺してくい…

今日の英語:mannerism

= (無意識に行う)その人特有の仕草。 夕食時に(日本語で)長男と話していて、「マンネリ」を変なアクセント(しんみり、みたいな)で話すんで、それは違う、マンネリはマンネリズム=mannerismから来てるんだよ、と教えたら、どうも「まんねり」という日本…

フランス人と英語。

よく、「フランス人は英語が話せてもわざとフランス語で会話する」と言われるけれど、ほんとにそうなの?と常々思っていた。んで、たまたま読んだQuoraのコメントがやけに説得力あったんで(しかもupvoteが521とか半端ないし)。 to Why do the Parisians al…

今日の英語:hippocampus

= 海馬。 タツノオトシゴ、通常英語だと"seahorse"なんだけど、学名だとこう言うらしい。まあ"seahorse"も直訳すれば「海馬」だけど。 人体の部位を表す単語、動物由来のものが多い、というコラム。んで、"hippocampus"という単語をこう説明。 And if you th…

今日の英語:throw

= (パーティー等を)開催する。もちろん「投げる」という意味もあるけど。 3歳の娘の誕生日に💩がテーマの誕生会を開催した、というニュース。決して「💩投げ」パーティじゃないよw。

今日の英語:lunch shaming

= …、うーん適当な訳語が思いつかない。ランチいじめ? と言うか英語というより、最近社会問題になっている現象。"body shaming"とか"fat shaming"と同様の言葉なんだけど、そんなレベルじゃないぐらい悲しい現象。 アメリカの小学校の給食システム、お金を…

今日のラテン語:sui generis

= 独特の。 NBCの政治ジャーナリスト、Andrea Mitchellがトランプ政権に対して発した言葉。カーター政権から今までのホワイト・ハウスの経験をもってしても今までとは全く異なる性格のものなんだそう。 レーガン時代は随分といじめられた、と言ってるけど、…

今日の英語:indulgent food

= 食べた後後悔する食べ物。普通は=unhealthyだけれど、高級料理とかに使う場合も。 アメリカ人の食の傾向、ヘルシー指向に向かってるのはもちろんなんだけど、同時に不健康系食品指向も伸びているんだそう。特に拙ブログでも幾度となく登場しているHostess…

今日の英語:cuck

= (cuckold)不貞の妻を持つ夫、なんだそうwiktionaryによれば。よくわからんが。 ホワイト・ハウスのウェストウィング、ますますSteve BannonとJared Kushnerの不仲が伝わってくるけれど、BannonがKushnerの事を影で"cuck/globalist"と呼んだらしい。 これに…

今日の英語:negative nancy

= 否定的な思考で場を盛り下げる人。Debbie Downerとも。 いやでもこれ、ナンシーやデビーに失礼だろ。party pooperぐらいにしとけばいいのに。

今日の英語:complicit

= 共謀した。 イヴァンカ・トランプが無給でトランプ政権入りしたことに対して向けられた言葉。 'Complicit' is trending after Ivanka Trump told CBS "I don’t know what it means to be complicit." https://t.co/qE6UcB8pUz — Merriam-Webster (@Merriam…

英語には「水色」が無い。

いやもちろん"light blue"がそうなんだけど、水色を一言で表す単語がない、ということ。 日本語はこの美しい色を一言で表現できる!というのが主張なんだけれど、 “In Japan, ‘mizu’ is as different from ‘blue’ as ‘green’ is from ‘blue.’” とある研究者…

メ、メランチョリー!?!?

それは今朝聞いていたKQEDのCalifornia Report。 Fast & FuriousのPaul Walkerが事故で亡くなって暫く経つけど、2人のサーファーがとある市の市議会で「Paul Walkerの銅像を建てるべきだ」と主張、というような事を番組の最後で聴く。 その理由が子供の頃彼…

今日の英語:goon

= ならず者、とか、バカ間抜け、とか。 ファーマーズマーケットの後、MVのニジヤに行ったんだけど、 この赤ちゃんたちの将来が心配だ。 まあそれとは全然関係ないけど、抹茶の缶3種。 抹茶のグレード、クッキング用(culinary)は良いとして、Universal=「四…

今日の英語:pole & line fishing

= 一本釣り。 今日のピザ、奥がこの前買ってきたこれを使う。 まあ日本のシーチキンとほぼ同じ物。"sustainably pole & line caught"ってなんだろうと思って調べたら、一本釣りすることで、他の生物や、まだ捕獲に満たない幼魚などを海に返すために「サステ…

今日の英語:precedent

= 判例。 トランプ政権が指名した最高裁判事、Neil Gorsuch。ここ数日議会で承認喚問がされてるけど、それを聴く限りしっかりと質疑応答している。で、今日のNPRでその様子をとある上院議員が説明、というコラム、 それを聴いていて、 NEIL GORSUCH: I have …

今日の英語:bracket

= 対戦表。 この時期、この単語が何を指してるかわからなかったらモグリのアメリカ人。3月はいわゆる"March Madness"、大学対抗バスケットのトーナメント。全米中がこれに夢中になって、とあるニュースによれば、 従業員のサボりで企業にとって$4Bの損失にな…

説明できない英文法。

これだから英語は難しい。 英語ネイティブは気づかないうちに正しく使えているけれど、そのルールを論理的に説明できないものの一つ。それは、 「形容詞が複数並ぶ場合の順番」 BBCの人のこのツイートが元になったものだけれど、 Things native English spea…

"Gyro"の発音。

ギリシャのシグネチャファストフード、"Gyro"。この発音、結構知らない人が多いのかも。この前も偶然KRON4のアナウンサーが、 Gyroはジャイロじゃないよ。#KRON4 — Naoto Sato (@naotoj) March 13, 2017 と思ったら、今日偶然、それもKRON4wのエンタメ番組で…

今日の英語:gospel

= 絶対的な真実。 「福音」とか、いわゆる音楽の「ゴスペル」は知ってたけど、 この記事を読んでいて、なんか違うと思って調べたらこうだった。 しかしこの記事、アメリカの田舎の白人キリスト教原理主義社会について説明したものだけど、これは考えさせられ…

今日の英語:just now

= ほんのちょっと前。(= moments ago) 会社で某バグシステムをいじっていて、更新された時間欄の表記に"now"と"just now"があるのに気づいた。自分の感覚だと"just now"=「まさに今!」ということで"right now"とおんなじなんかと思ってたらバグ変更時の時系…

今日の英語:Old Style (O.S.)

= (イギリスとその植民地における)旧暦。 現在のカレンダーのデファクト・スタンダード、グレゴリオ暦。1582年にローマ法王がユリウス暦を改定したのが始まり。ただしその採用は国によってまちまち。イギリス圏で採用されたのは1752年から。なので当時イギ…

今日のデンマーク語:hygge

= デンマーク語で"cozy"を意味する、「幸せの秘訣」。髭じゃなくてこれで「フーガ」と読むらしい。 ここ最近メチャメチャトレンドになってるらしいこの"hygge"、Todayによれば「こんまり流片付け」以来のヒットトレンドなんだそう。 After landing on the sh…

今日の英語:telephone

= 伝言ゲーム、という意味もある。 土曜日早朝に連発した例のトランプのご乱心ツイート。昨日のエントリで"red herring?"とも思ったけど、上のNPRのインタビューによれば考えすぎだったかも。真相は、 去年の11月に"Heat Street"なるブログがそれらしいこと…

今日の英語:McCarthyism

= マッカーシズム。 マッカーシズム(英: McCarthyism)とは、1950年代にアメリカ合衆国で発生した反共産主義に基づく社会運動、政治的運動。アメリカ合衆国上院議員のジョセフ・レイモンド・マッカーシーによる告発をきっかけとして、共産主義者であるとの…

New York Timesのコマーシャル。

トランプ政権のプレスブリーフィングで締め出されたNew York Times。悔し紛れ(?)にこんなコマーシャルを流しだす。 この、"The truth is, ..."という表現、"The fact is, ..."という表現と共に英語でよく出てくるフレーズなんだけど、 "The fact is, "の…

今日の英語:fungi

= きのこ類。fungusの複数形。 いやこれどうしても日本語の発音で「フンギ」*1と読んでしまいそうになるけど、英語の発音は「ファンジャイ」。 今年の大雨のおかげで、ここ数年来悲惨だったきのこの収穫が素晴らしいらしい。10段階評価だと12だそう。 んで、…

今日の英語:PESD

= Post-Election Stress Disorder(選挙後ストレス障害)。 もちろんPTSD(Post Traumatic Stress Disorder=心的外傷後ストレス障害)に掛けてるんだろうけど、実際にリベラル派に限らず、右寄りの人でも未だに選挙のストレスから抜けられない人々がいる。自…

今日の(アイルランド西部)英語:Hey, Horse

= やあ! 同僚曰く、アイルランド西部の代表的な挨拶なんだそう。 これによれば、女性用語らしいけど、しかしなんで馬?

今日の英語:condemn

= 使用禁止にする。 まあ、「非難する」が第一義で、それの印象が強いけど、こんな意味もある。 今回のサンノゼの歴史的洪水、14,000人に避難勧告とか、100年ぶりとか、想像を超えるものだったけど、ようやく水がひいていってる様子。ただ、かなりの数の家屋…

今日の英語:man flu

= (対応する日本語無いんで、Wikipediaより) Man flu is a pejorative phrase that refers to the idea that men, when they have a cold, exaggerate and claim they have the flu. Whilst a commonly used phrase in the UK and Ireland, it is referred t…

今日の英語:gentry

= 大地主。 下の記事からもう一発英語ネタ。まだ子供の頃、どういうわけか「ジェントリー・スープ」なるカップスープをよく飲んでいた。別にこれと言って特徴ないスープなんだけど、「優しい(gently)スープ」ってなんだよ!といつも思っていた。んで、この単…

今日の英語:fry-up

= イギリスのフル・ブレックファスト。 現在のヘルシー志向へのアンチテーゼのような(パン)フライ物オンリー朝ごはん。ビクトリア時代には3時間も掛けて朝ごはんを食べるのが「ステータス」だったんだそう。アメリカにも一日中朝食をだす"all-day breakfa…