Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:hippocampus

= 海馬。 タツノオトシゴ、通常英語だと"seahorse"なんだけど、学名だとこう言うらしい。まあ"seahorse"も直訳すれば「海馬」だけど。 人体の部位を表す単語、動物由来のものが多い、というコラム。んで、"hippocampus"という単語をこう説明。 And if you th…

今日の英語:throw

= (パーティー等を)開催する。もちろん「投げる」という意味もあるけど。 3歳の娘の誕生日に💩がテーマの誕生会を開催した、というニュース。決して「💩投げ」パーティじゃないよw。

今日の英語:lunch shaming

= …、うーん適当な訳語が思いつかない。ランチいじめ? と言うか英語というより、最近社会問題になっている現象。"body shaming"とか"fat shaming"と同様の言葉なんだけど、そんなレベルじゃないぐらい悲しい現象。 アメリカの小学校の給食システム、お金を…

今日のラテン語:sui generis

= 独特の。 NBCの政治ジャーナリスト、Andrea Mitchellがトランプ政権に対して発した言葉。カーター政権から今までのホワイト・ハウスの経験をもってしても今までとは全く異なる性格のものなんだそう。 レーガン時代は随分といじめられた、と言ってるけど、…

今日の英語:indulgent food

= 食べた後後悔する食べ物。普通は=unhealthyだけれど、高級料理とかに使う場合も。 アメリカ人の食の傾向、ヘルシー指向に向かってるのはもちろんなんだけど、同時に不健康系食品指向も伸びているんだそう。特に拙ブログでも幾度となく登場しているHostess…

今日の英語:cuck

= (cuckold)不貞の妻を持つ夫、なんだそうwiktionaryによれば。よくわからんが。 ホワイト・ハウスのウェストウィング、ますますSteve BannonとJared Kushnerの不仲が伝わってくるけれど、BannonがKushnerの事を影で"cuck/globalist"と呼んだらしい。 これに…

今日の英語:negative nancy

= 否定的な思考で場を盛り下げる人。Debbie Downerとも。 いやでもこれ、ナンシーやデビーに失礼だろ。party pooperぐらいにしとけばいいのに。

今日の英語:complicit

= 共謀した。 イヴァンカ・トランプが無給でトランプ政権入りしたことに対して向けられた言葉。 'Complicit' is trending after Ivanka Trump told CBS "I don’t know what it means to be complicit." https://t.co/qE6UcB8pUz — Merriam-Webster (@Merriam…

英語には「水色」が無い。

いやもちろん"light blue"がそうなんだけど、水色を一言で表す単語がない、ということ。 日本語はこの美しい色を一言で表現できる!というのが主張なんだけれど、 “In Japan, ‘mizu’ is as different from ‘blue’ as ‘green’ is from ‘blue.’” とある研究者…

メ、メランチョリー!?!?

それは今朝聞いていたKQEDのCalifornia Report。 Fast & FuriousのPaul Walkerが事故で亡くなって暫く経つけど、2人のサーファーがとある市の市議会で「Paul Walkerの銅像を建てるべきだ」と主張、というような事を番組の最後で聴く。 その理由が子供の頃彼…

今日の英語:goon

= ならず者、とか、バカ間抜け、とか。 ファーマーズマーケットの後、MVのニジヤに行ったんだけど、 この赤ちゃんたちの将来が心配だ。 まあそれとは全然関係ないけど、抹茶の缶3種。 抹茶のグレード、クッキング用(culinary)は良いとして、Universal=「四…

今日の英語:pole & line fishing

= 一本釣り。 今日のピザ、奥がこの前買ってきたこれを使う。 まあ日本のシーチキンとほぼ同じ物。"sustainably pole & line caught"ってなんだろうと思って調べたら、一本釣りすることで、他の生物や、まだ捕獲に満たない幼魚などを海に返すために「サステ…

今日の英語:precedent

= 判例。 トランプ政権が指名した最高裁判事、Neil Gorsuch。ここ数日議会で承認喚問がされてるけど、それを聴く限りしっかりと質疑応答している。で、今日のNPRでその様子をとある上院議員が説明、というコラム、 それを聴いていて、 NEIL GORSUCH: I have …

今日の英語:bracket

= 対戦表。 この時期、この単語が何を指してるかわからなかったらモグリのアメリカ人。3月はいわゆる"March Madness"、大学対抗バスケットのトーナメント。全米中がこれに夢中になって、とあるニュースによれば、 従業員のサボりで企業にとって$4Bの損失にな…

説明できない英文法。

これだから英語は難しい。 英語ネイティブは気づかないうちに正しく使えているけれど、そのルールを論理的に説明できないものの一つ。それは、 「形容詞が複数並ぶ場合の順番」 BBCの人のこのツイートが元になったものだけれど、 Things native English spea…

"Gyro"の発音。

ギリシャのシグネチャファストフード、"Gyro"。この発音、結構知らない人が多いのかも。この前も偶然KRON4のアナウンサーが、 Gyroはジャイロじゃないよ。#KRON4 — Naoto Sato (@naotoj) March 13, 2017 と思ったら、今日偶然、それもKRON4wのエンタメ番組で…

今日の英語:gospel

= 絶対的な真実。 「福音」とか、いわゆる音楽の「ゴスペル」は知ってたけど、 この記事を読んでいて、なんか違うと思って調べたらこうだった。 しかしこの記事、アメリカの田舎の白人キリスト教原理主義社会について説明したものだけど、これは考えさせられ…

今日の英語:just now

= ほんのちょっと前。(= moments ago) 会社で某バグシステムをいじっていて、更新された時間欄の表記に"now"と"just now"があるのに気づいた。自分の感覚だと"just now"=「まさに今!」ということで"right now"とおんなじなんかと思ってたらバグ変更時の時系…

今日の英語:Old Style (O.S.)

= (イギリスとその植民地における)旧暦。 現在のカレンダーのデファクト・スタンダード、グレゴリオ暦。1582年にローマ法王がユリウス暦を改定したのが始まり。ただしその採用は国によってまちまち。イギリス圏で採用されたのは1752年から。なので当時イギ…

今日のデンマーク語:hygge

= デンマーク語で"cozy"を意味する、「幸せの秘訣」。髭じゃなくてこれで「フーガ」と読むらしい。 ここ最近メチャメチャトレンドになってるらしいこの"hygge"、Todayによれば「こんまり流片付け」以来のヒットトレンドなんだそう。 After landing on the sh…

今日の英語:telephone

= 伝言ゲーム、という意味もある。 土曜日早朝に連発した例のトランプのご乱心ツイート。昨日のエントリで"red herring?"とも思ったけど、上のNPRのインタビューによれば考えすぎだったかも。真相は、 去年の11月に"Heat Street"なるブログがそれらしいこと…

今日の英語:McCarthyism

= マッカーシズム。 マッカーシズム(英: McCarthyism)とは、1950年代にアメリカ合衆国で発生した反共産主義に基づく社会運動、政治的運動。アメリカ合衆国上院議員のジョセフ・レイモンド・マッカーシーによる告発をきっかけとして、共産主義者であるとの…

New York Timesのコマーシャル。

トランプ政権のプレスブリーフィングで締め出されたNew York Times。悔し紛れ(?)にこんなコマーシャルを流しだす。 この、"The truth is, ..."という表現、"The fact is, ..."という表現と共に英語でよく出てくるフレーズなんだけど、 "The fact is, "の…

今日の英語:fungi

= きのこ類。fungusの複数形。 いやこれどうしても日本語の発音で「フンギ」*1と読んでしまいそうになるけど、英語の発音は「ファンジャイ」。 今年の大雨のおかげで、ここ数年来悲惨だったきのこの収穫が素晴らしいらしい。10段階評価だと12だそう。 んで、…

今日の英語:PESD

= Post-Election Stress Disorder(選挙後ストレス障害)。 もちろんPTSD(Post Traumatic Stress Disorder=心的外傷後ストレス障害)に掛けてるんだろうけど、実際にリベラル派に限らず、右寄りの人でも未だに選挙のストレスから抜けられない人々がいる。自…

今日の(アイルランド西部)英語:Hey, Horse

= やあ! 同僚曰く、アイルランド西部の代表的な挨拶なんだそう。 これによれば、女性用語らしいけど、しかしなんで馬?

今日の英語:condemn

= 使用禁止にする。 まあ、「非難する」が第一義で、それの印象が強いけど、こんな意味もある。 今回のサンノゼの歴史的洪水、14,000人に避難勧告とか、100年ぶりとか、想像を超えるものだったけど、ようやく水がひいていってる様子。ただ、かなりの数の家屋…

今日の英語:man flu

= (対応する日本語無いんで、Wikipediaより) Man flu is a pejorative phrase that refers to the idea that men, when they have a cold, exaggerate and claim they have the flu. Whilst a commonly used phrase in the UK and Ireland, it is referred t…

今日の英語:gentry

= 大地主。 下の記事からもう一発英語ネタ。まだ子供の頃、どういうわけか「ジェントリー・スープ」なるカップスープをよく飲んでいた。別にこれと言って特徴ないスープなんだけど、「優しい(gently)スープ」ってなんだよ!といつも思っていた。んで、この単…

今日の英語:fry-up

= イギリスのフル・ブレックファスト。 現在のヘルシー志向へのアンチテーゼのような(パン)フライ物オンリー朝ごはん。ビクトリア時代には3時間も掛けて朝ごはんを食べるのが「ステータス」だったんだそう。アメリカにも一日中朝食をだす"all-day breakfa…

今日の英語:artificial insemination

= 人工授精。 23andMeを始めとした、個人の遺伝子調査サービスがブームなのは知ってたけど、こういう側面があるのは気づかなかった。 このおじさん、自分でgenetic testをするまで自分が人工授精、しかもドナーからの精子提供で生まれたことを知らなかったん…

今日の英語:Netflix cheating

= (パートナーに内緒で)続きのエピソードを見てしまうこと。 家庭内不和の要因として上昇中。うちはネットフリックス入ってないけどこれはわかるw。

今日の英語:rind

= 表皮。 ブリー系のソフトチーズの皮部分をこう呼ぶのは知ってたけど、豚の皮もこれなのか。 何度か既出の4505 Meats。このスナック、奥がお土産用に買ったんだけど、検疫での没収を恐れておいていったもの。 初めポーク風味のチップスかな、ぐらいに思って…

今日の英語:taxi

= (飛行機が)地上走行する。 もちろん「タクシー」という意味もあるけど、動詞だとこんな意味も。"taxiway"で空港の滑走路まで到達する「誘導路」。 ハリソン・フォード、滑走路と間違えて誘導路に着陸。管制塔に「直下の旅客機はあそこにいていいのか?」…

今日の英語:chasm

= キャズム。 テクノロジに従事する人なら知ってる言葉。一応こんなの。 特にアーリー・アドプターとアーリー・マジョリティーの間の大きな溝(キャズム)を乗り越えられるかどうかが、その製品が普及するか、一部の新製品マニアに支持されるにとどまるかど…

今日の英語:wedding registry

= 新郎新婦が作る、贈り物登録リスト。 欲しいものを事前にリストにして、友人がそれを贈る、というシステムなんだけど、日本にもあるのかな。んで、遂にこんなの登場。 www.today.com 結婚祝いとしてピザを送ろう…。ってこれの真意は…。仮に新婚カップルが…

今日の英語:jump the shark

= 落ち目になること。 先月インターネットを魅了したトルコの肉屋。 肉のスライス・塩の振り方の渋さが売りだったんだけど、今回のはパロディっぽく路線変更。 これは"jumped the shark"?

今日の英語:material

= 〜に向いている人。 もちろん「物質」とか「材料」という意味もあるけど、こんな意味も。 一昨日は住むのに良い都市ランキングを載せたけど、今日はオンライン不動産会社が調べた「結婚相手を探すのにベストな都市」ランキング。これによれば、 Best Place…

今日の英語:originalism

= 原意主義。 もう一発NPRから。 最高裁判事の空席、SCOTUS。つい最近トランプがNeil Gorsuchを任命したけれど、彼の信条が"originalism"。ノミネートの時に聴いたけれどその時は深く気に留めなかったけど、このコラムで学習。 これによれば保守派の判事は大…

今日の英語:anglicize

= 英語化する。 これの反対が昔載せたこれ: 例のトランプのトラベル・バンの被害者、12歳の少女が家族とようやく再会、というニュース。 ええ話や!なんだけれど、全然関係ない点が気に留まる。この家族が住んでるのがセントラルカリフォルニアはLos Banos…

今日の英語:emolument

= 報酬。 トランプが自分の事業の所有権を第三者トラストに移管しない件、"conflict of interest"じゃないかという議論がされて久しいけど、その鍵になるのが合衆国憲法にあるこの語。第一条第九節の第八項に、 No title of nobility shall be granted by th…

今日の英語:exclamation point

= ビックリマーク(!)。 「エクスクラメーション・マーク」はイギリス英語。アメリカ英語だと"exclamation point"。 トランプのツイートでビックリマーク無しのを見るのは未だに稀。

今日の英語:tycoon

= 大物。 さっきの記事でトランプのことを、 Bourdain told Eater about the many reasons why he was worried about the tycoon-turned-politician running the country. と称していたけど、"tycoon"、もしかして、と思って調べたら、 タイクーン(tycoon)…

今日の英語:break bread with

= 食事を共にする。 人間関係を築くのに、「一緒に食事をする」というのは世界共通の概念。その場合、同じ種類の食べ物を食べたほうが打ち解けやすいんだそう。 おんなじフレーズを偶然この記事でも。 Anthony Bourdain、人との交わりは食で始まる、と言って…

英語ができなければアメリカ人にあらず。

最近気になってたNOVAのこのコマーシャル。 映画のオーディションで英語がヘタでダメ出しされるもの。本人曰く恥ずかしい英語なんだそうだけど、 いや全然ダイジョブっしょ。これでダメ出しするかな?訛りなんてネイティブにもメチャメチャあると思うんだけ…

"1984"という本。

例の"Alternative Facts"。この一件以来売れに売れている本。アマゾンでもベストセラー。 1984 (Signet Classics) posted with amazlet at 17.01.26 George Orwell Signet Classic (1950-07-01)Best Sellers Rank: 1 See all on Amazon.com というのもこの本…

今日の英語:put 〜 on ice

= 棚上げする。メディアにありがちな、アイスクリームに掛けたdad joke。 トランプ政権のプレス担当、Sean Spicerさん。すっかりいじられ役になってしまった。まあ初回の「観客は今までの就任式で最大だった。ピリオド!」と叫んで以来、この人は突っ込まれ…

今日の英語:alternative facts

= 別の真実、って訳せば良いのか? 今朝のNBCのMeet The Press、トランプ就任後初のMTP、これはやっぱり観なければということで観てたんだけど、初っ端のインタビューはKellyanne Conway。選挙中はキャンペーンマネージャーだったけど今のオフィシャルタイト…

トランプ就任。

あまりに想像通りすぎて特に感想なし。つまらん。FBもTwitterもinauguration dayの嵐で食傷気味。そんな中目に止まったのがこれ。 Merriam-Websterは辞書だけど、そこで就任演説後検索急上昇した言葉が、 "carnage" まあ通常は大虐殺とかそんな意味だけど、…

今日の英語:soupy

= 霧の濃い状態。 「スープ状の」という意味もあるけれど、天気予報で出てきたらこっち。 しかし今年はよく雨が降る。どっかで読んだ(聴いた、か?)けど既にカリフォルニアで未だ旱魃の地域は2%しか残っていないんだそう*1。今週末も雨予報なんでまたハム…