Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Bass Lake Powerhouse Double Century

自転車 センチュリー

走ってきた。コースはこんな感じ。Clovisから出発し、初めは東方のSequoia/Kings Canyon Nat'l Park方面へ。その後北上しYosemiteの入り口あたりにあるBass Lakeを一周して帰ってくるもの。

今回は今までのDouble Centuryよりも登りが多めなので、ホテルを4時に出発。当然あたりは真っ暗。しかも凍えそうな寒さ。40°Fないんじゃないのかな。初めのレストストップまで大体40マイルほどだけれど、暗い中凍えながら走る。レストストップでは文字通り震えが。暖かいコーヒーをもらって生き返る。
レストストップ1を後にしてしばらくするとようやく日の出。その後しばらくはSierra National Forestのあたりの丘をいくつか越える。
Sierra National Forest
こんな感じの丘が延々と続く。細いつづら折りの登りが多いSanta Cruz Mountainではあまりみられないタイプの登り。登りのメインはPowerhouseと呼ばれる発電所の両側にある登りなのだけれど、ここは往き帰り共通のコースになっているので両方の登りを体験できる。大雑把に言うとOLHとMontebelloぐらいかなぁ。
コース最北端に位置するBass Lake:
Bass Lake
もう昼過ぎなのに、まだかなり寒い。家を出るときジャケットを持ってこようか迷ったけれど、持ってこなかったらかなり辛かっただろう。
2度目のPowerhouseを越えるところで向こうから何人かライダーがやってくる。「あれ、ミスコースかな」と思ったらこれからBass Lakeを回るらしい。それはご苦労様。そう言えば今回は3回もミスコースした。一回二回は自力ですぐ回復したけれど、3回目はもうゴール間際で真っ暗な中。バックライトの無いコンピュータを見ながらマップを見つつ走ったけれど、やっぱりミスコース。幸い後ろに付いていたライダーがGPSを持っていたので事なきを得た。なので少なくとも五マイルぐらいは余計に走ったかも。
結局午後八時半ぐらいにゴール。走行距離・時間、獲得標高、消費カロリーとも新記録。スピード系の記録がないのがちょっと寂しい。
今日のレコードキーピング:

まあとりあえず完走できて良かった。Davis Doubleの直後はどうなるかと思われたCalifornia Triple Crownもなんとか達成。