Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

骨折後一年経過。

厳密には昨日だけれど。
半年前と比べて、進歩した点:

  • 可動域が100%にほぼ戻った。今から思うと、可動域というか、腕・肩の筋肉が落ちていてそれで最後の数パーセントが動かなかったんだと思う。
  • 未だに見た目で左右異なるが、出っ張りがさらに引っ込んだ。
  • 肩こりも通常程度まで収まる。これも筋肉量に関係するのかも。

進歩してない点:

  • 肩のポキポキ音。
  • 右と比べると未だ筋肉が非対称。ただこれは利き腕か否かの違いかもしれない。

というのも何で思い出したかというと、会社の自転車メーリングリストで土曜に行われたDavis Doubleに出た人のride reportが流れていたから。そこにあった文章:

Although I finished a couple of hours faster, at times I felt worse than on the Devil Mountain Double. Despite being advertised as such, Davis is definitely not an easy "first" double (in the heat), Solvang is *much* easier for a first timer.

去年のDavis Doubleは今までで一番暑かったみたいだけれど、今年のもそれと同じぐらい暑かった様子。そうですか、Devil Mountain Doubleよりも時としてキツかったですか…。コースだけを見てその難易度を決めると大ハマりするケースがあるというよい例かも。