Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

術後検診。

骨折

今日は術後4日目、初めての検診。散々待たされた挙句診察は5分ほど。感染症もなく結果良好だったので古い絆創膏を剥がして新しいのに交換のみ。予備も貰った。

左の"Steri-Strip"が防水絆創膏。これで縫ってある部分を埋め尽くす。3〜4日持つらしい。右のは手術準備のために皮膚に"Dura Prep"なる膜を塗ったんだけれど、それのリムーバーローション。結局使わなかった。
今日はプレートのレントゲンをカメラに収めてくるつもりだったけれど、レントゲンは医者のところにはなく、手術施設に保管されているんで今回はなし。次回撮ってもらうことに。と言っても一ヶ月先。代わりと言っては何だけれど、埋め込まれたプレートについて聞いてきた。
プレートはSYNTHESというスイスのメーカー。この手のプレートでは最大手らしい。今回埋め込んだのは"Locking Compression Plate"と呼ばれる物。材質はステンレス製。ロック機構付きネジと従来のネジの組み合わせで柔軟に鎖骨に適用できる(しかも強力、可能なかぎり非接触)らしい。しかしプレート・ネジがカラフルなのは知らなかった。金色に緑・青の組み合わせ。Eastonのカセットボディと同じで外からその色が見えないのはちょっと残念かも。