Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Star Fangled Nut交換。

ずーっとlong dueになっていたAllezのメンテを今日まとめてやる。きっかけは最近リアディレイラーから小鳥のさえずりのような音がひっきりなしにしてたため。プーリーかな?と思って分解ばらして清掃したけれど変わらず。うーむ…。しょうがないんでチェーンを戻しがてらルーブ差し差ししたら音が消えた。何だチェーンかよ。雨降ってなかったんで気にしてなかったけれど、どうも霧のせいでルーブが流されてた模様。
お次はヘッド周り。最近どうもガタガタ、ヘッドセットがそろそろ寿命なのかと思って先週ふとスペーサーを触ったらするする動くではないですか!で、今日増し締めしようとしたらヘッドセットの上部カバーが締めども締めどもゆるゆる、しまいには上に登ってきてしまう。ありゃりゃ、これはヘッドチューブ内のスターファングルナットが馬鹿になってるんだな…。
で、開けてみると予想通り。さてどうやって直そうと思いつつネット検索。まずは古いのを取り出して、M6の長いネジでしたから引っ張ってスターファングルナットをチューブ内に引きこむらしい。
ということで近所のOSHへネジ、ナットを買いに行く。ところがそこはアメリカ。インチ仕様のネジは豊富だけれどメトリックの取り揃えはしょぼい。長いネジなどはまるで無し。これは諦めてbrute forceしかないかなと思いつつ、手ぶらで帰るのも癪なんでこれまた必要だったロックタイトを買って帰る。ディレイラーネジ組み付けですぐ入用だったし。
帰宅後、いよいよbrute force。もうね、うえからナットをハンマーでガンガン。最新の注意を払った甲斐もあり、何とかまっすぐに挿入できた。しかしこれはカーボンのTarmacじゃとっても怖くて出来ないな。といってもあっちはスターファングルナット挿入式じゃないから関係ないか。
New Star Fangled Nut
その後ちゃちゃっとスペーサー、上部カバーを取り付けて完了。その後三本ローラー上で試し乗り。とりあえずは問題ない様子。