Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

ケロッグ食べても子供は賢くならない。

たべもの

ケロッグが2008〜2009年にかけてやっていた"Frosted Mini-Wheats"のコマーシャル。

NPRの記事によれば、

Breakfast foods purveyor Kellogg has agreed to a $4 million settlement in a class-action lawsuit alleging it ran a deceptive marketing campaign for the sugary cereal.
The ads, which ran in 2008 and 2009, claimed that eating Frosted Mini-Wheats could improve kids' attentiveness and memory. A voice-over in one ad told viewers: "A clinical study showed kids who had a filling breakfast of Frosted Mini-Wheats cereal improved their attentiveness by nearly 20 percent."

No, Frosted Mini-Wheats Won't Make Your Kids Smarter : The Salt : NPR

ケロッグ出資に依る)とあるスタディによれば、"Frosted Mini-Wheats"を朝食に食べた子供は注意力が20%向上!"という結果が出たとコマーシャルで宣伝。ところが実際には研究結果とこの宣伝内容は激しくかけ離れていたことが発覚。これに対して集団訴訟が起こり、結局ケロッグが400万ドルの調停金を支払うことで合意。2008〜2009年にかけてFrosted Mini-Wheatsを購入した人に最高で$15の支払いをすることに。ここで登録することが出来る(レシート不要)。
一箱あたり$5の還付で最大3箱まで申告可能なのだけれど、多分うちもこの期間に3箱ぐらい買ったと思うんで登録しておいた。