Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Boontling

仕事柄世界の言語とかには詳しい方だけれど、アメリカの、しかもサンフランシスコから数時間の所に絶滅しつつある言語があることを知る。
場所はその名も"Boonville"。boonies(=田舎者)のville(=街)を連想させる地名。そこに"Boontling"という言語があるらしい。現在は3人しか話者が残って居ないそうだけれど、昔は学校でも教えていた歴史が。

Boontling is only one of two homegrown languages remaining in the United States
If you’re driving in the tiny town of Boonville, Calif. – a 115-mile drive north of San Francisco – and hear expressions like “Ilden pike to the chilgoory nook,” you better grab a dictionary, because you’re bound to get lost in the translation.

"Boontling" Language Dying in Northern California Town of Boonville | NBC Bay Area

まあこれは「言語」というより、言葉遣い"lingo"の強烈なものだろうな。もちろんISOのコードも振られては居ない。