Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:desolation

= 荒廃・破壊。及びその行為。
去年も年末に一作目を観に行ったけれど、今日も家族でホビットの3部作中の2作目を観に行った。

第一部の復習をしていかなかったこともあり、プロットを忘れかけていたけれどw、話が進むにつれて記憶が蘇ってくる。それにしても1年おきは間隔あけすぎ。
ooo ネタバレ有りです!ooo
で、2作目の英語タイトルが"The Hobbit: The Desolation of Smaug"なわけだが、観る前に長男曰く、「Smaug*1は死ぬんだよ。」と言っていたけれど、実際最後まで死ななかった。長男の弁明:「だってタイトルが"desolation"="death"ってことだよね?」まあ実際はSmaugが都市を破壊する「行為」だったわけだが、その辺のタイトルのぼかしも興行側の狙いの一つだったんだろう。
ちなみに来年2月日本公開の邦題は「ホビット 竜に奪われた王国」。うーん、「奪われた」かぁ。なんかちょっと違う気もするが。と、思ったらこんな記事発見。

これまで第二章のタイトルは原題の『スマウグの荒らし場』と記載されていたが、本作をより多くの観客に届けるためにジャクソン監督との話し合いにより、『竜に奪われた王国』に変更された。多くの邦題は配給会社の独断で決定されるが、本作は『ホビット』の世界観やドラマを観客に間違いなく伝えるためにジャクソン監督が自ら確認し、“お墨付き”を与えたタイトルで公開される。

待望の第二章『ホビット 竜に奪われた王国』日本公開日が来年2月28日に決定!|ニュース@ぴあ映画生活

失礼しました〜。

*1:映画に登場する巨大ドラゴン。