Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:for the rest of us

英語

= 一般向けの。

朝のコアトレ、最近はKQEDばかり聞いている。で、ここ2週間は例によって"pledge drive"。その中で紹介されていたのが2つの懸賞。そのうちの一つはタウンバイク。

PUBLIC Bikes drawing 1

Entries from 12:01am PT until 9:00am PT on 5/7/14 are eligible. Our first drawing prize is a bicycle of your choice, excluding electric bikes, from the collection available at publicbikes.com — any model, any color, any size. PUBLIC Bikes is a San Francisco-based company designing bikes for the everyday rider. All PUBLIC Bikes feature an upright seating position and are constructed around high quality chromoly steel frames that are strong and durable, yet light. Restrictions apply as listed below.

KQED's Spring Radio 2014 Drawings | KQED Public Media for Northern CA

KQEDのドネーションとは関係なく、懸賞としてこのPUBLIC Bikesの自転車が2台あたる、というものなのだけれど、その自転車紹介の中での説明でこの表現を使っていた。

この"for the rest of us"、まあよく使う言い回しなんだけれど、よくよく考えると論理的じゃない。意味的には上にある通り"for us (everyday rider)"のはずだけど、"the rest of"が入ったら意味が通らなくなる。

英語って難しい。