Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

自転車顔。

自転車

「自転車顔」というものがあるらしい。

Bicycle face was a fictitious disease invented by the medical establishment of the 19th century used predominately to discourage women from cycling.

Bicycle face - Wikipedia, the free encyclopedia

 と言ってもプロサイクリストのような頬のコケた顔のことではなく、19世紀に医者たちが創りだした架空の病気のこと。自転車に(特に女性が)乗ると、赤面もしくは蒼白の疲労困憊した顔に変形してしまうとのこと。しかもその原因が無意識にバランスを常に保っているためなんだそう。更にアフォらしい説だと、「休息日」であるべき日曜に自転車に乗るから、というのもあったらしい。

In 1890s Europe and the US, bicycles were seen by many as an instrument of feminism: they gave many women a measure of increased mobility, began to redefine Victorian ideas about femininity, and were eagerly taken up by many women active in the suffrage movement. Bikes helped stoke dress reform movements, which aimed to reduce Victorian restrictions on clothes and undergarments so that women could wear clothes that allowed them to engage in physical activities. 

The 19th-century health scare that told women to worry about "bicycle face" - Vox

 当時は自転車はフェミニズムの象徴と考えられていたんだそう。自転車に乗ることでそれまで家庭に閉じ込められた女性たちが開放、自転車用の軽快な服装も流行になったらしい。で、これに反対する医者たちが勝手に「自転車顔になるぞ!」と脅しをかけていたんだそう。

なんかほのぼのとした話ではある。