Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Novato/Petaluma/Berkeley

おでかけ たべもの パン 料理 チーズ

一日休暇を取って奥と外出。平日にしか営業していないペタルマのKeith Giusto Bakery Supply (Central Milling Co.)で粉物補給。その前にお昼を食べようということになり、どこにしようか考えてNovatoのRustic Bakeryで。ここは前にLarkspurのお店に行って以来のお気に入り。

 自分が頼んだのが"The Marin Melt"。

 言ってみればグリルドチーズサンドイッチなんだけど、これが旨い!元々パン屋なのでmulti-grain breadは言うことなし。で、間のチーズはCowgirl CreameryのMt.TamPoint ReyesのTomaをメルト。これは美味くないはず無いよな。

その後ちょっとNovato Downtownを散策。作りはダウンタウンだけれどなんか店の種類がよくわからない。銀行とかが多く、現地の人向け?

腹ごしらえして粉を買いに行く。気合を入れて50ポンド行ってみようかとも思ったけど実物の袋を見て尻込み断念。結局5ポンドの袋を個別に。

- Organic Type 85 Wheat Flour x 2

- Organic Artisan Bakers Craft x 1, Plus Malted x 1

- Organic Durum Semolina Flour x 1

- Organic Stone Ground California Wheat x 1

これでしばらくはパン焼き安泰。その後ペタルマのアンティーク散策や、前回あまり感動しなかったDella Fattoriaに寄ったり。

ここからバークレーに移動してまた散策。例によってBerkeley Bowlで買い物したり、"Real Bread!"と看板を掲げているVital Vittlesに寄ったり。

既に営業時間を過ぎてたんだけれど、覗いたら中から人が招き入れてくれた。何が人気か聞いたら、 12 Grain Breadだそうなんで、早速買う。

その後最終目的であるディナーの場所、Chez Panisseへ。

 今日はこんなメニュー。

流石といえる出来。一言で言うととても上品な味。メニューを読んだだけだとどれもドカンと胃に堪えそうなのを連想するけれど、そんなことは全くなく、しかもblandではない繊細な味。最後のデザートには結婚記念のメッセージ付き。運んでくれたウェイターさんが何周年か聞くんで「25年」と答えたら、「まだ三歳でした!」w。ここを選んでよかった。

帰宅後、購入したパンのチェック。まずDella FattoriaのCampagne。

 ほぉ、これはなかなかいい感じだった。ちょっと酸味が強い気もするけれど、クラムは良い感じ。前回のバゲットのマイナス分をちょっと挽回したかも。

 Vital Vittlesの12 Grain Bread。いわゆるみっちり系。奥はまず食べないので自分専用。そういえば奥はChez Panisseの夕飯で出てきたAcmeのパンがいたくお気に入り。 

手前のは多分whole wheatの田舎パン系。こっちじゃなくて奥のフォンデュ(?)っぽいやつ。中がいわゆる「モチモチ」だった。