Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

新種のリンゴ。

たべもの

この辺りでメジャーなりんごの種類と言ったら、Fuji, Gala, Golden/Red Delicious, Granny Smith, Pippinあたりだと思うけど、最近コスコで見つけて美味しいなぁと思っていたのがこのHoneycrisp。

 で、たまたま今朝スピニングしながら聴いていたNPRでりんごの話が。


その中にこの"honeycrisp"が登場。

To understand the new trend, start with the hottest apple variety of recent years: Honeycrisp.

"It's incredible," says Sydney Kuhn, who owns Kuhn Orchards in Cashtown, Pa. "That apple has such a following at this point." It's the most popular variety that Kuhn sells, by far.

Honeycrisp came from the University of Minnesota. Apple breeders there cross-pollinated different apple trees, created new genetic combinations and picked this one.

"I still remember the first day that I tasted it," says David Bedford, one of the university's apple breeders. This new, as-yet-unnamed apple was crisp. Bedford calls it "explosively crisp."

 ミネソタ大学で作られたこの新種、最近のトレンドらしい。で、この成功に味をしめたミネソタ大学、honeycrispから更に新しい品種、SweetTangoを創りだした。ただ、この2種類には決定的な違いが。農家がHoneycrispを栽培するにはただ苗業者から苗を購入すればいいけれど(前はミネソタ大学への特許料が必要だったけど、今は時効でその必要なし)、SweetTangoは一握りの生産者のみ栽培可能、しかもトレードマークとして登録してあるので特許と違い時効が存在しない。生産するにはその「クラブ」に入会しなければ不可能。ものすごくクローズドだ。更にこういったクローズドな品種が競い合うように登場しているらしい。NPRからコピペ:

These Apples Are In The Club

そういえば確かイチゴもこんな感じでコントロールされるようになったんじゃなかったかな。UC Davisを筆頭として。リンゴもイチゴも、そのうち"artisan"が出てくることまちがいなし。