Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

黒ビール・ライ麦・パンプキンパン。

Facebookのパン焼きグループ、月に一度レシピを決めて皆でそれを焼く、というイベントが立つんだけれど、今月のはこの"Stout, Rye & Pumpkin Sourdough"。スタウトを使うレシピがあるのは知っていて、いつかは焼いてみたいと思ってたんで渡りに船。早速今週実施。

黒ビールはもちろんギネス。ダブリンが懐かしい。

これとライ麦粉・サワードウスターターでルヴァン種を作る。12時間ほど室温放置。FBのコメントにチョコレートムースの様になればよし、とあったけれどこれは良い例え。思わずひとくち食べたくなる。

合わせた粉はCentral MillingのArtisan Bakers Craftだけれど、ライ麦粉のおかげでドウはベトベト。Stretch&Foldのたびに手にこびりつく。2次発酵終了時に発酵カゴからうまく外れるか心配だったけど、なんとか事なきを得る。で、こんな焼き上がり。

思ったよりもオーブンスプリングがいい感じ。しかしスタウトのコクの有る香りが美味そう。十分冷ました後で入刀。

ライ麦のおかげで気泡は細かめだけれど、見た目ほどみっちりしていず、かなり軽い仕上がり。全粒でなくホワイト系の小麦粉を合わせたためだろう。早速試食してみたけど、いわゆるライ麦のずっしり感は皆無。それでいてギネスのコクがライ麦の香ばしさと混ざって味わい深い。ただ、パンプキン風味はまるでなしw。というかもともとパンプキン・ピューレってそれ自体影薄いからな。

全粒粉系がそれほど好きではない奥にはこれは好評だった様子。