Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Srirachaを登録商標にしない理由。

"Sriracha"はトレードマークとして登録されていない。なので調味料会社がどこもかしこも"Sriracha"という製品を輩出。遂にあのハインツまで"Sriracha"ケチャップ。

これではオリジナルの鶏メーカー、Huy Fong Foodsが黙っちゃないだろう、と思うけれど実はそうではない。

誰もがオリジナルの"Sriracha"はこの鶏マークだとわかってるんで、逆に各社が"Sriracha"を宣伝している結果になるらしい。さらに、

And the best part of this is that the USPTO has already issued several decisions stating that the single word "sriracha" on its own is now too generic for any of these pretenders to trademark for themselves.  

米国特許商標庁によれば"Sriracha"は一般的すぎる言葉なんで登録商標には出来ない、という決定を既に下しているとのこと。なので"Sriracha"という名前がコピーキャットたちに乗っ取られることもない。素晴らしい!

それにしても鶏メーカーのオーナーの元には金の亡者たちから、

"We have lawyers come and say 'I can represent you and sue' 

こんな感じの申し出が絶えないらしい。さすが訴訟大国。