Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

80年代のテレビCM。

BoingBoingから。


涙がでるほど懐かしいし、涙がでるほど可笑しくてつい観続けてしまうけど、面白いのはそれをアメリカのサイトであるBoingBoingが取り上げたこと。筆者曰く、

Non-Japanese viewers often expect two things of Japanese television spots: first, a strangeness that borders on total inexplicability, and second, the appearance of Westerners celebrities clandestinely cashing in (or so they thought) by shilling on the other side of the Pacific. But these collections play up neither the wackiness nor the Westerners (though do keep an eye out for John McEnroe, Michael Jackson, and a bobble-headed incarnation of Duran Duran), giving instead a clear but nevertheless entertaining window into life of the Japanese consumer of thirty years ago.

外国人が日本のコマーシャルで連想するのが、キテレツさ&欧米のセレブ(が金儲けのためこっそり登場。シュワちゃんとかね)なんだそうだけれど、これらのコンピレーションを見る限りそんなことはなく、30年前の日本の消費者の実態がかいま見られて面白いんだそう。

そういった視点が面白い。