Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

賄賂としてのマグナ・カルタ。

ざれごと

マグナ・カルタが制定されて800周年、ということをNPRで知る。

800周年も凄いけど、なんとこのマグナカルタ、イギリス政府がアメリカを第二次大戦に参戦させるべく、賄賂として贈ろうと画策していたらしい。「なんでマグナ・カルタが賄賂に!?」という疑問が当然湧くけれど、おもしろいのは、イギリス人がアメリカ人にどう見られているか、という自己分析が原因らしい。

HARRISON: (Reading) We are regarded as a cold-blooded, calculating people. And our failure to show warmth - to say it with flowers - is perhaps the main reason why American respect for us never quite ripens into a warm, uncalculating friendship, such as they have felt for the French.

「アメリカ人は自分たちイギリス人を冷血で計算高い国民」と考えていたらしい。なのでフランス人とは違い気の通った関係を築きづらいということ。なので、

HARRISON: Precisely. It goes on to say (reading) perhaps if we shed our caution, we offer our most precious possession to our best friends, the effect would be incalculable both today and in the future.

イギリス人が最も大事と考える所有物(マグナ・カルタ)をアメリカに贈れば、 その効果は計り知れない、という「計算」w。

ただ結局この計画は実現しなかったんだけれど(実際の所有者であるLincoln Cathedralが断ったため)、第二次大戦とマグナ・カルタ、こんな関係があったとは。