Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

ごんべさんの赤ちゃん・おたまじゃくしは蛙の子

おんがく ざれごと

今日は多分アメリカで歴史的な一日になる日。というのも同性婚が連邦裁判所で認められたから。それ関連のニュースを色々見聞きしていて、韓国でのプライドパレードで、反発するキリスト教徒が妨害に使っていた曲であれっと思う。

これは「ごんべさんの赤ちゃん」あるいは「おたまじゃくしは蛙の子」じゃないのw。で番組中でこの曲のタイトルに触れてたけど、

The Christian groups blared a Korean version of the "Battle Hymn of the Republic" to try and drown out pride event speakers.

えっと、アメリカでは"Battle Hymn of the Republic"として知られている様子。

 リパブリック讃歌(リパブリックさんか、原題: The Battle Hymn of the Republic)は、アメリカ合衆国民謡愛国歌賛歌であり、南北戦争での北軍の行軍曲である。

リパブリック讃歌 - Wikipedia

 ただ、これには元歌が有り、こんなバリエーションも。

John Brown's Body" (originally known as "John Brown's Song") is a United States marching song about the abolitionistJohn Brown. The song was popular in the Union during the American Civil War. The tune arose out of the folk hymn tradition of the American camp meeting movement of the late 18th and early 19th century. 

John Brown's Body - Wikipedia, the free encyclopedia

 これを児童用童謡に変えたのが上の説明にあるこれ、

A version about a baby with a cold is often sung by school-age children.

これを翻訳したのがごんべさんなわけですね。で、そこで関心したのがこの、"John Brown"->「ごんべ」の訳。John->ごん、Brown->べ、としっかり韻を踏んでるし、ちゃんと親しみやすい名前になってる。これはすごい!

それに引き換えおたまじゃくしの替え歌はあんまりセンス無いなw。