Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

goat = scapegoat?

英語 エンタメ

ツール・ド・フランスライブ中継観戦中。そこで先日の"straight from the horse's mouth"のコマーシャルと、これが連発。

"Rick"という「吠えるヤギ社員」www。食品工場のプロダクティビティ低下の原因がこいつのせい!というスケープゴート(と言うかこの場合事実なところもおもろい)役なんだけど、これを観て先日のヤギの解釈が違ってるんじゃないかと思い立つ。

というのもこの前のコマーシャル、ポイントはDirecTVのスピードではなく安定性を売りにしたもの。ということで"dog slow"の替りにヤギを当てはめるのはおかしい。そもそも調べても"goat"で「遅い」という解釈は見当たらなかったし。

なのであのDirecTVのコマーシャル、"goat" = "scapegoat"という解釈で「DirecTVはreliabilityに関して言い訳しない」という象徴なのかな。でもあれだけじゃよくわからない。