Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:geoduck

英語 たべもの

= アメリカナミガイ。

中華スーパー・レストランに行くと、水槽に巨大な二枚貝がいるけれど、これがgeoduck。昔から変な名前だな〜とは思ってたけど、今日驚愕の事実発覚。今までずっとこの単語の発音、「ジオダック」と信じて疑わなかった。ところが、

Pronounced “gooey-duck,” these hefty clams bury themselves in sand where they stay for 100 years, doing little more than stretching their meter-long, fleshy siphons up into the water column to feed on phytoplankton.

な、なんと、正しい発音は「グーイーダック」!これは目からウロコ、というか耳から、なんだろう…。

で、このgeoduck、アメリカで価格が急騰しているらしい。というのも生産量の90%はアジアに輸出。特に中国人庶民の高級化にともなって、彼の地で珍味であるこのgeoduckの値がつり上がっているらしい。2006年のポンドあたりの卸値が$4だったのが現在$15。これが中国の末端価格だと$150! 需要があれば供給も活発化。密猟・ブラックマーケットも深刻化。

ちなみにこのgeoduck、日本でも回転寿司等に出てくるみる貝がこのネタなんだそう。高級寿司ネタとは思えないけどね。