Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

VO2Max測定。

会社の自転車メーリングリストで、VO2Maxを測定してくれるイベントが有ることを知る。VO2Maxとは、

 最大酸素摂取量(さいだいさんそせっしゅりょう、: VO2 max, maximal oxygen consumption)とは、漸増運動で測定された酸素消費の最大量のこと[1][2]。通常は、モーター付のトレッドミルで計測される。最大酸素摂取量は有酸素運動能力を反映し、長時間の最大限下の運動持久力を決める重要な要素である。名称は V = 量(volume)、O2 = 酸素、max = 最大限(maximum)に由来する。

最大酸素摂取量 - Wikipedia

 今まで何度かこのブログにも登場、Polarの心拍計で擬似VO2Max(OwnIndex™)を測る機能はあったけど、実際に直接測ったことはなし。今回はRevvoというスタートアップが開発したマシンのフリーデモ。マスクで酸素量を直接測るわけではないけれど、インターバル形式で負荷を掛けていき、その心拍変動でVO2Maxを割り出すもの。

Taking the VO2Max test by Revvo

構成としてはパワーメーター付きのステーショナリーバイクに心拍計を付けて、ipad appで指示、集計という極めて簡単なもの。30秒おきにペダリング・休止を繰り返し、毎度の負荷が+25wずつ増えていく。んで、ついていけなくなったら終了。実際やってみて、実はもっと行けそうだったけど何となく横でじっと監視されていると変な緊張が走ってw、完全燃焼できず。で、結果はリアルタイムに出る。

VO2Max: 79 (ml.kg.min)AT: 289 wattsえっと、その結果、VO2Max=79って、え!? 高すぎでしょ。それにAnaerobic Thresholdが289w。てことはFTPはその95%として275w。体重62kgで割るとPower-to-Weight Ratio=4.44w/kg…。うーむ、出来杉君。まあ低く出て落ち込むよりはいいかw。

Revvo machine and Siva

 

これが今回デモを提供してくれたRevvoのファウンダーのSivaさんとそのマシン。どうもありがとうございました。