Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

サナダムシが癌に変化。

サイエンス ヘルスケア

タイトルだけだとまるで恐怖映画だけれど、実際に起こった話。

病院に担ぎ込まれたコロンビアの男性、悪性の癌に侵されているという診断だったけれど、その腫瘍の生体検査を行った所、人間の細胞ではないことが判明。その男性、ある種のサナダムシの宿主だったそうだけれど、たまたま調査したら、腫瘍のDNAはそのサナダムシと同じものだった!

この"dwarf tapeworm"というサナダムシの種類、同種の寄生生物の中で唯一完全に人体内で繁殖可能。通常は宿主に被害をもたらすことはないそうだけれど、免疫システムがやられた場合はこんなことが起こることがあるらしい。実際この男性、HIV positiveだったそうである。

しかしこれはもう寄生というか、乗っ取りレベルのオカルト事象だよなぁ。ただ「癌」と診断してもよいかどうかは疑問。人間の細胞の腫瘍じゃないわけだし。