Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

ウォーター・ソフナーのメンテ。

メンテナンス

サンノゼあたりの上水は硬水。ヤカンやシャワーヘッド等、水に浸る部分はすぐにカルシウム・マグネシウム等が付着して真っ白になるし、石鹸は泡立たない、特にシャンプーには向かない。

今の家にはウォーター・ソフナーが設置されているんだけれど、これが結構便利。白い結晶はまるで出来ないし、シャワーも快適。特に奥は腎臓・膀胱に石が出来やすい体質なんでありがたい。で、先日来た手紙が「カーボンを交換する時期です」。どうも浄水に使われるカーボン(活性炭?)を5〜7年おきに交換する必要があるらしく、それのお知らせ。ということで今日メンテをしてもらう。

Water softener maintenance

一時間ほどで終了。いい機会なんで(というかウォーター・ソフナーの知識がまるでなかったんで)、メンテナンスについて簡単な説明を受ける。

Replaced carbon in the softener

 真っ黒なタンクが4つ。下2つが今回交換したカーボンタンク。上2つは粒子状の樹脂が入っているらしい。下のカーボンで浄水した後、上の樹脂が硬水中のミネラル成分を吸着する仕組み。で、樹脂についたミネラルを除去するために定期的に塩水で洗浄(regenerate)する必要がある。これ自体は自動なんだけど、そのための塩を左の白タンクに補充しなければならない。そんなこと知らないんでもちろん空っぽ。

メンテ終了後、早速ホームデポに出向いて塩購入&補充。

Salt for softener

Filled the salt

 これで一安心。

ただこのカーボン交換、結構なお値段した。高いな〜とメンテのおじさんに愚痴ったら、本体の値段を教えてくれて納得。おじさん自体、「前の住人が引っ越しでこのウォーター・ソフナーを持って行かなかったのは驚き」と言ってたし。