Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

削りパルメザンチーズ。

たべもの チーズ 自転車

昨日のSan Marzanoトマトしかり、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルしかり、食べ物業界のチートは後を絶たないけれど、最新はパルメザンチーズ

削られている状態で販売されるパルメザンチーズ、"100%"と謳っていても混ぜ物入りのケースが有るらしい。塊になるのを防ぐためにパルプから作られるセルロースを混ぜているんだそう。まあセルロース自体は無害なんだけれど100%じゃあないよな。

しかもリンク先にあるFDAの手入れが入った会社はひどい。Castle Cheeseというその会社、"Market Pantry brand 100% grated Parmesan Cheese", "Always Save Grated Parmesan Cheese", "Best Choice 100% Grated Parmesan Cheese"など、ターゲット他で販売してた100%「パルメザン」チーズのパルメザン含有量は0%w。

“no parmesan cheese was used to manufacture”

Instead, there was a mixture of Swiss, mozzarella, white cheddar and cellulose, according to the FDA. 

 結局このCastle Cheese、2012年に手入れを受け2014年に倒産したんだけど、なぜそれまでこんなことがまかり通っていたかといえば、FDAのプライオリティが食物の安全性確保に有り、ラベリングが正しいかどうかはそれよりも優先度が低かったから。なのでチーターがまかり通り、正直者が馬鹿を見るという構図に。

えっと、これどっかでもあったな。あ、自転車レース界だw。