Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

「マイノリティ」という言葉。

ざれごと

自分はアメリカ人ではないのだけど、アジア系アメリカ人についてのこの記事は興味深い。NYPDのアジア系オフィサーが黒人容疑者殺人罪で起訴された件へのプロテストを例にとってアジア系アメリカ人の「マイノリティ」ぶりについて説明した記事。

まあ長いのでTL;DRと言わずに読んでみて欲しいけど、「マイノリティ」と言った場合、アジア系はなんかちょっとそれに属さない、というか「自分たちはマイノリティなんだ!」と思わずになるべく白人社会に馴染もうとする傾向にある。

As a rule, we seldom engage in the sort of political advocacy and discourse that might explain, or even defend, our odd, singular and tenuous status as Americans. This is how it has always been for immigrant populations who believe, rightly or wrongly, that they are on a quick march toward whiteness.

 逆に黒人やヒスパニックはそういうことはなく、自分たちのアイデンティティを主張してきた背景があるので、いわゆる「マイノリティ」なんであるよ。件のプロテストでも、プロテスト側はFergusonの白人オフィサーが無罪だったことへのスケープゴートじゃないか!とやってたんだけど、そのプロテストにプロテストする黒人グループが"Black Lives Matter!"と反発。なんかちぐはぐで微妙な雰囲気だったらしい。

アジア系アメリカ人アイデンティティ的には「マジョリティ」にも「マイノリティ」にも属さない、サイレントな集団として捉えられている(いや、いないのか)ような気もする。