Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

ドーナツとカンボジア人。

たべもの

カリフォルニア州の独立系ドーナツ屋さん(なので除、Krispy Kremeとか)の90%がカンボジア人経営なんだそう。

The connection between Cambodia and American pastry entrepreneurship is most pronounced in California, where, by one recent count, 90 percent of all independent doughnut shops are owned by Cambodians.

事の起こりはポル・ポト政権がカンボジアを支配した1975年、タイにいたTed Ngoyという男性、カンボジアに戻るのを恐れてアメリカに渡ってくる。南カリフォルニアのドーナツ屋で働き、お金を貯めて自分のドーナツ屋を開く。彼の影響とその成功を夢見て、その後数年のポル・ポト弾圧から逃れてきたカンボジア難民が、同様に次から次へとドーナツ屋を開いていったのが始まり。

Doughnuts became the proverbial bootstraps by which an entire immigrant community pulled itself up in America, and specifically in California—just as laundry was for Chinese at one time, or gardening for Japanese, and later Mexican immigrants. And Ngoy became the so-called king of the Cambodian doughnut.

 要するに「中国人のランドリービジネス」、「日本人のガーデニング」同様カンボジア人がアメリカに移民して身を立てる常套手法だったということ。面白いのはカンボジア本国では「全く」ドーナツが人気無いらしい。プノンペンに1軒だけあるらしいけど、物価に見合わないのと、甘すぎるから、というのが理由。

そういえば前住んでたうちの近所のMaple Leafというドーナツ屋、yelpをみたらやはりカンボジア人オーナーらしい。"90%"というのもあながち間違っていない様子。

そういえばx2、ベイエリアで初のダンキン・ドーナツ、Walnut Creekに出店するんだそう。

しかしなぜWalnut Creek!? 理由が知りたい。