Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

「サードウェーブ」という言葉。

コーヒー

この言葉を初めて使ったのはWrecking BallのTrish Rothgeb。

彼女が2002年にこの言葉を提案した時の定義は周りのコーヒー業界で起こりつつあった、

When coffee roaster Trish Rothgeb, now of San Francisco's Wrecking Ball Coffee Roasters, coined the term "third wave" in 2002, she meant it to define a specific shift in service and customer engagement

"It should be said that this idea was meant for the consideration of the industry, really," she continues. "It was for back of the house to use as shorthand for the shift in the way the consumer engages with specialty."

Within the industry, "third wave" has retained the essence of its meaning—which is more philosophical than aesthetic, i.e. it addresses a wholistic, farm-to-craft-presentation approach to coffee that customers typically find evident once they reach a cafe counter.

 これによればこのサードウェーブ、もともとは質の高いコーヒーをいかに顧客に提供するか、という理念を表していたもの。コーヒー農園の選別に始まって焙煎・抽出すべての過程を管理することでそれを達成する、という考え方だったらしい。この表現が独り歩きしだして結局、

But now calling something "third wave" is a snob's way of saying it's good enough for them, and better than yours.

「お前のより俺のこのコーヒーのほうが旨い」場合に俗物が使う言葉、に成り下がってしまっている。そもそも最近はいろんな使い方をされるんで、人によって言おうとしてることが千差万別。 使わないに限るのかも。

まあそれにしても自家焙煎するようになってから、サードウェーブってそもそも飲んでないし。