Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

すい臓がんとコーヒー。

たべもの コーヒー サイエンス ヘルスケア

横綱千代の富士九重親方がすい臓がんで亡くなった。

小さいけれど引き締まった体躯で一回り・二回り大きな力士の前回しを掴んで突進する様は痛快、まさに相撲の醍醐味をファンに味あわせてくれる数少ない力士であった。

で、こんな記事を読む。

そこにあった日本消化器病学会のページ:

http://www.jsge.or.jp/citizen/2005/images/kyusyu/43/43kyusyu_17.jpg

3. コーヒー
  25年ほど前にコーヒー飲用により膵がんの危険率が上昇することが報告されましたが,コーヒー愛飲家は喫煙者であることも多く,喫煙が膵がんの危険率を上昇させ,見かけ上コーヒー摂取が膵がんの危険率を上昇させるという誤った関連を観察していたと,結論されています.
我が国の疫学調査では,1日3杯未満のコーヒー飲用は膵がん死亡の危険率を下げる事が示されています.喫煙者と非喫煙者に分けて検討しても同様な結果が得られています.しかし,1日4杯以上のコーヒー飲用で膵がん死亡の危険率が有意に上昇し,男性では相対危険度が3.2倍にもなることが報告されています.

一般のみなさまへ | 日本消化器病学会 

 えっと、あれ?これは確か2015年に発表されたアメリカの推奨(Dietary Guideline)とは異なるはず…。

Coffee/Caffeine and Chronic Disease

Conclusion

Strong and consistent evidence shows that consumption of coffee within the moderate range (3 to 5 cups/d or up to 400 mg/d caffeine) is not associated with increased risk of major chronic diseases, such as cardiovascular disease (CVD) and cancer and premature death in healthy adults.DGAC Grade: Strong

 :

In a quantitative summary of 40 prospective cohort studies with an average follow-up of 14.3 years, Yu et al. found a 13 percent lower risk of total cancer among coffee drinkers compared to non-drinkers or those with lowest intakes.85 Risk estimates were similar for men and women. In sub-group analyses, the authors noted that coffee drinking was associated with a reduced risk of bladder, breast, buccal and pharyngeal, colorectal, endometrial, esophageal, hepatocellular, leukemic, pancreatic, and prostate cancers.

 一日に3〜5カップのコーヒーは、種々の癌(すい臓がん含む)のリスクを減らす、とある。うーんよくわからん。まあアメリカ在なんでアメリカ推奨に従うw。