Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Arsicault Bakery

おでかけ たべもの パン

日曜の今日も雨。自転車乗れなさそうなんで何しようか起きたてで考えてたところ、奥が"Manresaいく?"。でも結構通ってるしなぁ、ということでそうだここにしよう!と思い立ったのが、このサンフランシスコのベーカリー。

料理雑誌のBon Appetitが突然アメリカNo.1として取り上げたパン屋。ただあまりにも小さな店なんでパンがなくなり次第閉店。ハイプも相まって何かのついでに、というのは絶対ムリそうなんで今日は気合を入れて早朝出発。7時前に到着したんだけど流石に誰も並んでなかった。

Arsicault Bakery

 一応並んでたら近所の犬散歩おばさんが寄ってきて「ここ、なかなか買えないのよね」と話し込む。そうこうしてるうちに奥からオーナーのパン職人さんが出てきて、「8時開店なんですよ。どこから来たの?おおサンノゼ!まあコーヒーでも」とコーヒーを「無料で」振る舞ってくれた!

Armando Lacayo - the baker

 いい人だ〜このオーナーさん。もう完全にファンになった!心から応援しますこのお店。

まあ誰も並んでないので外で並んでてもしょうがないので、車に戻ることに。運良く店の真ん前に路駐できたんで、車内でコーヒー飲みながら待機。しばらくするとおじさんが並びだす。お店の人が外にテラスを作ってくれたんで、そういうことなら、とおじさんの後ろに座る。このおじさん、既に何度か来ている常連さん。その後続々と並びだすお客さん達。8時の開店時には、

Looong line

おお、雨の日曜日だと言うのにこの並び方。早く来てよかった。ちなみにこのお店、一人5アイテム限定。うちは奥と2人で10点まで買えたんだけれど、今日のメニューは7品目。なので7点買おうとしたら前のおじさんと、この写真で笑ってる我々の後ろのおじさんが、「枠が余ってるんなら余計に買ってくんない?」ということで買ってあげました。その後ろのライトブルーのお姉さんはこの近くに住んでて、いつもこの行列に興味があって、今日はじめて並んだとのこと。さらにその後ろの4人組。服装でわかるかもだけど看護婦さん達。夜勤明けで夕飯なんだそうw。待ってる最中にシャンパンのオレンジジュース割でパーティしてましたw。まあ一時間待ってると色んな話が飛び交うよな。 

まあそんなこんなで8時。

Arsicault Bakery

Croissant

 ということで全種目お買上げ。オーナーさんがまた出てきて、「サンノゼは遠いから、2階に席があるんで食べていけば?食べたら感想も聞かせてね」ということで食べましたよ二階で。

Croissant

Croissant

 シグネチャーのプレーンクロワッサン。実はこのためにブレッドナイフ持参wだったんだけど、あまりの焼き立てでバターが安定していず上手く切れずorz。ただ味・食感ともに今まで食べたクロワッサンでも最上位の一つだと思う。このフレーキー具合が「花かつお」の領域。バターの割合もくどすぎずちょうどいい。

ooo

帰宅して御開帳。

One each (sans Croissant)

 プレーンクロワッサンを除く本日の6品目。左上から右下に渡って、

  • Ham & Cheese Croissant
  • Almond Croissant
  • Morning Bun
  • Chocolate Croissant
  • Kouign Amann
  • Chocolate Almond Croissant

 アーモンド系はちょっとクリームの割合が多すぎのきらいはあるけれど、クロワッサン系のサクサク感は素晴らしい。クイニーアマンも納得の味。