Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

後退ギアの音。

くるま

車を運転したことのある人なら多分誰でも気になったことのあるだろう、リバース時のヒュ~ンという音。あれの正体を解説してくれた記事発見。

おお、これは明解!バックするにはシャフトの回転を反転させるため、一つ余計に歯車をかます必要がある。それが小さいんでそのためかな、とか今までは根拠もなく想像してたんだけど、正解は通常の前進ギアがヘリカルギア(はすば歯車)のところ、リバースギアだけスパーギア(平歯車)使用。スパーギアはヘリカルよりうるさく、それが「ヒュ~ン」になるんだそう。なるほど。

んで、さらなる発見。ヘリカルギアを使うと推力が発生し、トランスミッションのマウントを増強しなければならない。乗用車の場合静粛性重視なんでガッチリシャシに組み込むけど、重量重視のレースカー等では通常使われず、すべてのギアがスパーギアで構成されるらしい。レースカーのトランスミッションの音がやたらうるさいのはそのせいだったのか、と今頃納得するなど。