Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

世界「最強」のコーヒー。

今までは例の"Death Wish Coffee"だったけれど、どうもそれを上回るのが出たらしい。

カフェイン含有量が最高。Death Wishよりも6.35%多いらしい。

パッケージからして明らかにDeath Wishを意識してる。どうするDeath Wish。こんなクリップが頭の中をw。

"We're here to make coffee metal. We will make everything metal. Blacker than the Blackest Black Times Infinity."

まあそれはいいとして、こんな記事を読む。

いつもコーヒーの知見が高まる記事を載せてくれるこのサイト、101ってことは「常識」。で、今日のタイトルが正に「強力(strong)なコーヒー」の思い違い。

まあ自分も勘違いしていたこともあるけど、ダークローストのガツン、は"strong"とは言わない。且つ上の記事のカフェイン含有量が多いことも"strong"とは言わない。ではロースター・バリスタが使う"strong"の定義とは:

Strong: This is about the coffee extraction and brew ratio. Extraction is how we measure the amount of solubles that, during brewing, are removed from the coffee grinds and enter the water. While this sounds more like a science lesson than brewing coffee, it’s important to understand it because extraction also affects the coffee’s flavor. 

要するにコーヒー豆からどのぐらいお湯に成分が溶け込むか、その抽出率が高いことを"strong"と呼ぶらしい。ただし"strong"だから美味しいというわけではなく、18〜22%の抽出率が推奨。この抽出率を決める鍵は3つあって、豆の挽きの細かさ、お湯の温度、抽出時間が関わってくる。

ここでも何度も既出のこのフレーズが、

For this reason, grind consistency is crucial. If your grinds are different sizes, some of them will be extracted more than others – meaning it’ll be nearly impossible to get the profile you want.

At the beginning of my journey into specialty coffee, I ground my coffee with a blade grinder. These typically result in an inconsistent grind size, and that was showed in the cup. I switched to a handheld burr grinder, which changed my home brewing game. And when I finally switched to an electric burr grinder, it made it even easier for me to learn more about grind size and extraction. 

バーグラインダー最強!個人使用なんで電動は特に必要性感じない。

最後にお湯について、

As for ratio, a common choice is 1:16, meaning 1 gram of coffee to 16 grams of water. 

 1:16か〜。うちはいつも1:15だけれど、フルシティ以上だとそれより豆の比率上げると奥が濃すぎて嫌うんだよなw。浅煎りならそのぐらいまであげても(というか上げたほうが)いいけど。

As Alex mentioned, turbulence also plays a key role in the extraction. Some people give their coffee a stir at this point in time, to ensure all the grinds are exposed to the water. Others take an opposing approach: they pay close attention to the rate of their pour so as to not disturb the grounds while adding water.

これね、自分も昔はお湯注いだ後スプーンでかき混ぜてたけど、最近はやらないようにしている。スプーンで混ぜる時間違ってコーンをかすってしまうと、そこに濾紙が露出するスポットができて、お湯がそこからダダ漏れになる気がするんで。

まあ色々やっても毎回ぜんぜん違う味にドリップできてしまうのが面白いところ。コーヒー道、実に奥が深い。