Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

サンフランシスコ・サワードウ。

サンフランシスコ名物に挙げられるサワードウブレッド。んで、それの何が特別なの?という質問がBay Curiousで。

その答えを探すためにアラメダのSemifreddi'sというベーカリーを尋ねるんだけど、結局のところ、

Why? Well, according to the museum, Boudin bread owes its special flavor to a strain of bacteria that thrives only in San Francisco’s climate. Scientists identified it here in 1970, so they named it Lactobacillus sanfranciscensis.

Not That Unique, Actually
It’s a great story. Too bad it’s not quite true.

Scientists did identify Lactobacillus sanfranciscensis here. But recent studies have found it in up to 90 percent of countries where sourdough is produced. So from a biological standpoint, San Francisco sourdough is not all that distinctive.

 アイコニックなBoudin Bakeryによれば、サンフランシスコの乳酸バクテリアが特徴的な風味をだす、というのだけどこのバクテリア、世界の9割の国で見つかるらしい。なので特徴的、ということはまったくない。(知ってた)

サワードウ・スターターを起こすのは簡単。小麦と水を混ぜて待つだけ。ただ、学者さん達もどうしてこのバクテリアのカルチャーが出来上がるかは未だ解明できてないらしい。ということで上のコラムの中でもボランティアベースで世界中のスターターを解明するプロジェクト、

これが紹介されてた。このKQEDのコラムニストの人もサワードウ・スターターを飼っていて、即座に分析してもらっていたのは裏山。普通はもっと気長に待たないと解明してくれない様子なんで。うちのスターターはTartine謹製のコピーなんだけど、それがサンフランシスコを離れてサンノゼでどう変化するか、というのは学術的に興味があると思うのだが…、いやないなw。

Starter today

 明日パン焼きなんで加速飼育中。ちとハラヘリ気味。