Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Roquefort Société

3週間前からCostcoのお徳用Humboldt Fogを買おうか買うまいか悩んでたんだけど、今日のチーズ棚でロックフォールを見つけてしまった。前はパピヨンが置いてあったんだけど例の回収騒ぎのせいか置いてあったのはソシエテ。ということで買ってみる。

Roquefort Société

このパッケージ、150gで$4.49。Costcoのチーズの値付けは神。

んで、早速開けてみた。

Look at that green matter!

 久々見たけど、やっぱりこの青カビは凶暴w。一かけら食べてみたけど頭がクラクラする味。ブルーチーズが好きな人は大好きだろうけど、嫌いな人は大嫌いだろうなw。パクチーと同じ。

Real mold on fake mold

 昨日の「ニセカビパン」に本物カビチーズを載せて、至福だ。

ooo

ロックフォールウィキペディアにこんな記述が。

Though it is often claimed that Roquefort was praised by Pliny the Elder in AD 79, in fact, Pliny simply speaks of a cheese from Gaul, not mentioning its origin or even saying that it was blue;[5] the story was promoted by the Société des Caves.[6] In 1411, Charles VI granted a monopoly for the ripening of the cheese to the people of Roquefort-sur-Soulzon as they had been doing for centuries.[7]

Roquefort - Wikipedia

 ソシエテ洞窟の主張によれば、ロックフォールはPliny the Elderに賞賛された、とあるらしい。

Pliny the Elder

おお、変なとこでつながってるなw。