Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

ベイエリアの大気汚染。

いや暑かったな今日は。明日も暑そうなんで例によってSpare the Air発令。そんな今日やってたコラム。

質問者の意見もそうだけれど、年々悪化しているように感じるベイエリアの大気、実は、

It turns out that the air in the Bay Area is among the cleanest in the nation for a metropolitan area of its size.

Stevenson at BAAQMD says air pollution in the Bay Area has been decreasing over time, and is way down since the 1960s. 

 なんと、大都市では全米の中でも最もきれいな場所の一つ、さらに年々きれいになっていて、60年代から比べると「格段に」大気汚染が減っているらしい。これもカリフォルニアの排ガス規制が厳しいことの恩恵、たしか日本車の基準もカリフォルニア規制が目安だったはず。

じゃあなんで年々大気汚染がひどくなってるように感じるか。その理由の一つが"Spare The Air"アラートなんだそう。確かにアラート数は前よりも増えているんだけど、その理由が大気汚染の基準が厳しくなってるから。それってなんかおかしくないか?

そもそもSpare The Airアラート、もう有名無実化してるんじゃないのかなぁ。昔の導入当初はバス・カルトレイン無料!、とかメリットあったけどね。