Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

「アメリカン」中華料理。

そろそろここに越してきて2年、同じサンノゼでも前住んでたウェストサンノゼとは全く違うデモグラフィー。この前ご近所フォーラムで「何処の中華レストランがおすすめ?」という投稿に、来るわ来るわお勧めのメールの嵐。中華は人気なんだなぁと思って覗くとレストランの名前が「テイスト・オブ・チャイナ」とか「マンダリン・グルメ*1」とか、行ったこと無いけど地雷系っぽいのばかり。終いには"Panda Express"出すやつまで…。

まあ薄々気づいてはいたけど、「中華料理」の定義が違うんだよ。んで、今日たまたま目にしたこの記事。

Mr. Puck himself resisted reductive terms for his cooking — “It’s not as simple as adding ginger and soy sauce — and voilà, Asian fusion,” he told The Huffington Post — but that is, in fact, what happened. When the Asian salad fad exploded, something that was cooked up by non-Asians became, well, “Asian” in the popular imagination. 

Why Is Asian Salad Still on the Menu?

まあこの記事自体は「アジア風サラダ」って何だよ!って記事で、「アジア風サラダ」はウォルフガング・パックら非アジア人がアジア風を想像して作られたもの、という事なんだけど、引用したかったのはここ。

The other day I tried a version of a “Chinese chicken salad” made by Wise Sons, a Jewish deli in San Francisco. The owners, Evan Bloom, Leo Beckerman and Mr. Bloom’s brother Ari, are three guys from Southern California who grew up eating Chinese chicken salad just about everywhere. Mr. Bloom’s early exposure to it? Wolfgang Puck.

The salad has become a nostalgia trip for a whole generation of Jewish deli-goers. Mr. Bloom says that the recipe came from nowhere in particular. Sesame oil, soy sauce, mayo, sugar, sesame seeds; Napa cabbage, red cabbage, frisée, red onions, shredded carrots, thin sliced celery, chopped sushi ginger, orange segments, fried wonton skins, a little cilantro. It’s a riff on an idea, what Mr. Bloom himself tells me is “that sweet Asiany flavor that is a familiar taste to a lot of people, from Benihana or a Chinese restaurant — it’s been around for 30 years.”

へぇ、バブカが美味しいユダヤ系デリのWise & Sonsに"Chinese Chicken Salad"なるメニューがあるのか…。で、その中華サラダの基本が正にウォルフガング・パックのアジア風サラダ。彼らユダヤ系にとってこれの「甘くてアジアっぽい味」が「懐かしい中華(or Asian)」を連想させるんだそうである。ああ、これだ!アメリカンチャイニーズの基本。完全にアメリカ料理ってことですね。

先のご近所フォーラムの話に戻るけど、一通だけ多分中国人が「真の中華料理」ならクパティーノの中華モールに行けばいいよ、と助言してたけど、このあたりの人にはそれはもう中華料理じゃなくてエスニック料理なんだろうな。

そういえばこれでCecilia Chiangの事を知ったんだけれど、彼女がChop Suey/Chow Meinじゃない真の「中華料理」を広めようとした努力も、実際はここベイエリアでもあんまり実らなかったのかも。

*1:CupertinoのDe Anza沿いのじゃないです。まああっちもアレだけど。