Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

On The Rise - International Symposium on Bread

パンに関する国際シンポジウムがノースカロライナ州の大学で開催。素晴らしいカスタマーサービスのMockmillの人が公演するそうなんで知ってたけど、ライブストリーミングがあることを奥に教えてもらう。

そしたら講演者はかなり豪華メンバー。司会はアメリカのパン業界第一人者、Peter Reinhart。特にTartineのChad Robertsonも、他にもPanera BreadやAnson Millsからも。Central Millingもスポンサーになってるし、プレゼンしないまでもアメリカ中のベーカーが集結していた様子。

ざざっとストリーミング観てみた。パン業界全般に関してなので退屈なのもあったりするけどw、やっぱりChadのトークは自分的に目玉。主にTartine Manufactoryの設立の経緯について。しかも5年に渡ってその様子を取材して最終的にNetflixのドキュメンタリーにまとめるらしい。これは期待、だけど多分Netflix専用だろうなぁ。

トークのポイントはクオリティを保ったままどうやって店舗をスケールしていくかという点だったけど、個人的に気になったのが彼曰く"Country 2.0"と称した、新しい粉を使った田舎パンを来週から展開するということ。今までのよりもより"flavorful"になるんだそうだけど、今までも十分だと思うのだが。それと面白かったのがTartine Manufactoryに導入した完全空調管理の部屋。これで完璧コントロール、と思ったそうだけど、初めは"disaster"。調整力が強すぎて変にいじって失敗してたらしい。Chadでもそんなことがあるのか、とちょっと安心してみたり。

それとあと、誰か青瓶とか東京出店について質問しないかな、と期待してたけどみんな既に忘れ去ってる様子。ビジネス・マーケティングプラクティスとして最高の議題だと思うんだが。

その他のトークは、まあ当たり外れが激しいw。自家製粉のWolfgang Mockのトークは期待してたんだけど、ハズレだったかなw。

逆に期待してなくて面白かったのがDr.Anne Maddenという女性のトーク。"New Microorganisms from Strange Places for Better Breads"というタイトルだったんだけど、おお、これは例のSourdough Projectの人じゃないですか!しかもこの人TEDでやってるだけあって発表上手。内容も面白くてよろしかった。

Sourdough Project participants

 途中に出てきたこの分布図。西海岸真ん中あたりの赤点の一つは自分のはずw。