Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Star Trek

会社のteam outingで観に行ってきた。昨日の夕方が封切だったんで混んでるかも、とも思ったけれど、
Mercado 20
がらがら(笑)。元出戻り上司の奥さんは昨日の初回に観に行ったそうだけれど仮装した"Trekkie"達は居なかったそう。きっと場所も関係あるんだろう。
で、"Star Trek"である。オリジナルシリーズ(の再放送?)をテレビで観た記憶があるけれど、子供心に「こいつらアフォちゃうか?」と思うほど人間味のあるキャラクターたちが揃っていたのを覚えている。中でもカーク船長のアフォさは際立っていた。誘惑にすぐに負けるし、たわいもないことですぐ喧嘩するし。こんなんで船長が勤まるのかと思うほど。このあたりの雰囲気が忠実に再現されていたのが個人的に気に入った。
他のメインキャラクターたちもしっかりと再現されている。特にMr.Spockは秀逸。"Heroes"で悪役Sylerを演じたZachary Quintoが扮しているんだけれど、Leonard NimoyのオリジナルSpockの雰囲気を十分再現。ただ"Heroes"のイメージが強すぎて「なんか悪いことをし出すんじゃないか」と思うことしばしば。子供の頃耳に残った彼の言葉、「船長、それは非論理的です。」も正しく*1再現されていたのは懐かしい。
ということでかなり楽しめた。DVDが出たら買って子供にも観せてみようと思う。オリジナル(及びその続編)を知らない世代がどう反応するのか、ちょっと興味があるところ。

*1:もちろん英語だけれど。"〜 would be illogical."みたいな。