Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

市民ではないアメリカ国民。

通常アメリカの国民といえば「市民(Citizen)」を連想するけれど、"National"と呼ばれるカテゴリがあるということを知る。

Nationals[edit]

Although all U.S.[2][3] citizens are also U.S. nationals, the reverse is not true. As specified in 8 U.S.C. § 1408, a person whose only connection to the U.S.[2][3] is through birth in an outlying possession (which is defined in 8 U.S.C. § 1101 as American Samoa and Swains Island (which is administered as part of American Samoa)), or through descent from a person so born, acquires U.S. nationality but not U.S.[2][3] citizenship. This was formerly the case in only four other current or former U.S. overseas possessions.[40]

United States nationality law - Wikipedia

 これによればすべての市民はアメリカ国民だけれど、アメリカ国民が全て市民というわけではなく、"Nationals"というタイプが存在。"National"の親から生まれたか、アメリカ統治下の地域で生まれた人が"National"に該当。昔はグアムやフィリピン生まれにも適用されたらしいけど、現在はAmerican Samoaとその領内のSwains Islandで生まれた人だけらしい。んで、主な特徴:

  • 国籍はアメリカ。なのでアメリカのパスポートを取得可能。
  • 投票権なし。
  • アメリカ国内での居住・就業は制限なし。
  • 納税義務あり。
  • 帰化により、市民になることができる。

ということは一つ目以外、ほぼ永住権と同じかも。