Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:kombucha

= 紅茶キノコ。いわゆる昆布茶とは全くの別物。

今日のロードトリップでのどが渇いて帰りのバークレーボウルで買ったのがこれ、

KOMBUCHA

 只今全米絶賛ハイプ中のKombucha、実は今まで飲んだことがなかった。というのもKombuchaが「紅茶キノコ」を指すのは知ってたんであのドロドロヌメヌメのわけのわからないものを連想してしまうから。で、味見してみたらこれが全く違う!これって炭酸飲料?みたいな。旨いじゃん、でもなんで甘いのかな、と思いつつfine printを色々眺める。

Considered a beer

内容物:生のコンブチャと100%の愛とか…。役に立たん。んで、その下に、

「この製品はビールと見做されます」

ん?んんん???ビール?

多分発酵で出てくるアルコールが含まれるからなんだろうけど、アメリカの定義上ビールですか…。 なので妊婦への警告等必要な表示がすべて印刷されてる。帰りの車の中でこれ読んで飲んでたんだけどこれは飲酒運転になる可能性が…。ということですかさずバッグにしまい込む。

Lagunitas Brewing Co.

何度も振られてるんだけれど、今日もやっぱり開いてなかった、というか開いてる時に行けよ>自分。ただし前回はイベントか何かで貸切で入れなかったけど、今回は内部に足を運んでみる。

Lagunitas Brewing Co.

 ビアガーデンはお休みだったんだけど、中をちら見。

Lagunitas Brewing Co.

On tap currently

 ウロウロしてたらお姉さんが、ここは休みだけど、売店は開いてる、と教えてくれたんで潜入。そしたら犬がお出迎え。

Easy, boy!

 なんでか目が怖く写ってるけどとっても人懐こい可愛いやつ。

 

San Anselmo〜San Rafael〜Petaluma〜Berkeley

Central MillingのArtisan Bakers Craftの小麦粉が底をついたんで、時差ボケ解消目指しつつ、休みを取って奥と北ベイエリアへ。昼ぐらいにまずSan AnselmoのM.H. Bread & Butterでお昼。

Japanese Eggplant Sandwich

 日本ナスにフェタチーズのトマト味ベース。これをカントリーブレッドでサンドイッチ。安定の旨さ。

Country Bread (S)

 先週パン焼いてないんで、朝ごはん用にカントリーブレッド小さい方を持ち帰り、$6也。その後すぐそばのSan RafaelのJohnny Doughnutsでおやつ。

Chocolate Salt Caramel

 これはね、なんかもうドーナツの範疇に入らないかも。しっとりしててすごウマ。コーヒーはEquator。

お腹を満たした後、本来の目的であるKeith Giusto Bakery Supplyへ。もう勝手知ったる粉屋。受付のお姉さんも顔覚えてくれてて、いつものように25ポンドの袋を買おうとしたら「遠くから来てるんだから50ポンドにすれば?」とご提案。値段は25lbs: $19+, 50lbs: $38+なんで全然割引じゃないけど、冷暗所なら1年ぐらい保つ、とのこと。でもなぁ、小麦粒がその前になくなってまた来る必要があるだろうなということで、

25lbs bag

 結局25ポンドの袋購入。目的達成。

その後、ここから目と鼻の先のLagunitasに立ち寄り、さらにその後例のごとくBerkeley Bowlで買い物して帰宅。

時差ボケ直ったかと言われると…、まだまだ。

Chikmagalur - Srilakshmi Estate

早速インドから持ち帰った生豆を試す。

Chikmagalur - Srilakshmi Estate

Monsooned Malabarは黄色豆だったけど、これは普通に緑に近い。買う時に言われたとおり、未だ選別前の、それも不良豆を取り除く前の状態。ここからダメなやつらを間引いて、

Defects

 残った豆を

After removing defects

フルシティ+までロースト。

Chikmagalur - Srilakshmi Estate

 ちなみにこっちはCoffee Mechanics自前でローストした同じ豆(ギフトで貰ったやつ)。ただしシティローストまで。

Chikmagalur - Srilakshmi Estate

 早速飲み比べたけど、酸味はほとんど無く、スッキリとした味、というかボディは弱め。と言ってもMalabarみたいな紅茶系とも違う。ロースト具合は自分でローストしたほうがよりダークなので、渋みにつながっている。モーニングコーヒーにちょうど良いかも。

Kulhar

今回買って帰ろうか迷ったのがこのヨーグルトの器。"Kulhar"と呼ばれるものみたいなんだけれど、

Mangos & Curd

 なんかちょうどよい大きさ&色具合。しかも調べたら粘土が水分を吸収し、ストレイナーで濾過しなくても入れておくだけでヨーグルトの濃度が増すという優れもの。ただクレイ製で割れやすそうだし、前回のフィルターコーヒーのカップの経験上こっちのインド系お店に多分あるだろうと予想して買わずに帰国。んで、今日これを買い求めようとしてインドスーパー、雑貨店を4軒巡ったけど、ない!うーむ、買って帰るべきであった…。

手ぶらで帰るのもあれなんで、

Alphonso Mango Pulp & Idli

 奥の欲しがっていたアルフォンソマンゴーの缶詰。マンゴーの缶詰色々あれど、何故かこれだけラップの袋入り。高級そうに見せたい?でも意味ないと思うのだが。

それとこれまた奥が食べてみたかったイドゥリ。この店には惣菜屋もあっていろんなチャートも作ってるんだけど、何故かイドゥリが見当たらない。惣菜の所にいたターバン巻いたおじさんに「イドゥリありますか?」と聞いても通じない。発音間違ってないはずなんだけどよくわからん。ひょっとしてこの人北インド出身で、南インドのイドゥリを知らない、ってことはやっぱりないかw。しかたないんで写真の冷凍物を買う。

Idli

 うちには電子レンジがないけど蒸し器で無問題。お店で貰ったグリーンチャツネとサンバールで。ちょっとしょっぱめだったけれど、$1.99にしてはまあまあな味。