Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

なぜ9月21日なのか。

知らなかったけど、Earth, Wind & Fireの"September"は結婚披露宴の定番なんだそう。

 この曲の出だし、「9月21日の夜を覚えてる?」これについて解説してるのが上の記事。

"And finally, when it was so obvious that he was not going to do it, I just said, 'What the f- - - does 'ba-dee-ya' mean?' And he essentially said, 'Who the f- - - cares?'" she says. "I learned my greatest lesson ever in songwriting from him, which was never let the lyric get in the way of the groove." 

 曲作りの段階でモーリス・ホワイトが「バ〜ディヤ~」と適当に合いの手入れていて、最終段階で「そこは歌詞を埋めるんだよね?」と確認された答えがno。そんなの誰も気にしないだろ?歌詞がグルーヴを邪魔するなんてもってのほか。

そんな感じなのでなぜ21日なのか、というのも同様に1日、2日、と当てはめて、21日の語呂が最もグルーヴを邪魔しなかったから。まあそれで大ヒットしたわけで間違ってなかったことに。

今日の英語:provocateur

= 挑発活動家。

今週末はUCBのフリースピーチウィーク。マイロやバノンの話題に尽きない。

そこで出てくるのがこの単語、"provocateur"。フランス語からの外来語だけれど、文字通り"provocative"な振る舞いをする人。

んで、上の記事でその語源にあたっている。それによれば初めて出てくるのがフランス革命の時。"agent provocateur"で警察がやっつけたい活動団体に潜入させるスパイのこと。活動団体を扇動して犯罪を起こさせてそこを捕らえる、というもの。それが現代は囮エージェントの部分が外れて、単に挑発家に。英辞郎だと、

オリジナルな意味しか書かれてないけど、wiktionaryでは、

Noun[edit]

provocateur (plural provocateurs)

  1. One who engages in provocative behavior. quotations ▼
  2. An undercover agent who incites suspected persons to partake in or commit criminal acts.

provocateur - Wiktionary

 原義は二番目。一番目はマイロやバノン。

 

リリース記念パーティ。

ここ数年関わってきたプロダクトが今日めでたくリリース。前回がこれだったんで、

3年以上かかったことになる。長すぎなんで次回から改善される模様w。

今回はリリース当日にキャンパス敷地内でパーティ。前回は雨だったみたいけど、秋晴れで最高な天気。

Party!

 何故か今回もインドケータリング。しかも南インドである!もちろんマサラドーサを。

Making of dosa

Masala dosa!

 これにチキンビリヤニ、マンゴーラッシのお昼。

ケータリングは前回の8Elementsとは別の、サンフランシスコのdakshinというレストラン。

Dakshin South Indian Canteen

 みんなで乾杯して、

Georges, Marks, Aurelio

お祝い。

Javaquila

 

ビザールな状況。

ビザール(= bizarre)って、「ビザールギター」とかで聞いたことあるけどやっぱり普段使わないか。

というのもこの前の督促状その後の備忘録。

やっぱりガス止められちゃたまらんので、ガス提供元のEveryday Energyという会社に電話。そして判明したこと。

  • Everyday Energyからガス配送集金を司るPG&Eに宛てた、今年1月から3月の請求分がPG&Eから支払われていない。
  • (そんなこと自分は知らないんで)6ヶ月間支払われていないんで督促状を送付。
  • Everyday Energyは請求を毎月送ってるんで、それを集金しないのはPG&Eの問題。そっちでなんとかしろ。

ということで電話を切った後、PG&Eの私宛の請求書を調べた。そしたらどういうわけか1〜3月の請求分にはEveryday Energyのprocurement chargeが記載されていず、PG&Eのdelivery chargeのみ。つまりPG&Eのbill上ではガス代がタダ。これじゃ毎月満額払ってもEveryday Energyには料金が行かないわけだ…。

ということで今度はPG&Eに電話で説明。対応してくれた人は丁寧で人当たりがよかったけどやっぱり理由不明。ここでの彼女の発言が"This is bizarre!"。それはこっちのセリフです。んで、「15日間対処しないとガス止められるんだけど」と迫ったらそれはない様子。デフォルトのプロバイダ(= PG&E)にフォールバックするだけらしい。でもクレジットスコアに傷つきそうだよなこれは。

一番問題なのが自分自身は1〜3月の使用量、$44をEveryday Energyに払うのは全く無問題なんだけど、その方法がないこと。PG&Eのdueは無いし、Everyday Energyに直接自分で支払うことは出来ない様子。うーむ何なのこのビザール状況。

とりあえず3rd party providerとのいざこざ対処の専門要員@PG&Eにケースが渡って調べてくれるらしいけど、5〜8労働日かかるんだそう。期待しないで待つことにする。

7 Best Pho Restaurants In The U.S.

確かに、

1. Turtle Tower - San Francisco

It’s a legend in the Bay Area and might as well be awarded for having America’s best chicken pho. Ever.

Turtle Towerが最高のPho Gaレストランの一つであることは認める。

だがしかし!何故サンノゼのレストランがないの?きっとサンノゼのphoを知らないんだろうなこれをまとめた人は…。