Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Joey Alexander新譜。

リリースになったのは書いたけど、

円盤バージョンが出るのは12月なんだと…。そんなに待てないんでデジタルダウンロード。

会社で今日一日聴いてたけど、しっかり聴くために家に帰ってNHTでまた聴く。うーん良い出来だ。セロニアス・モンクの定番を演じたライブ演奏だけど、演奏は完全に安心して聴いてられるし、というかもう円熟の域かも。

メンバー紹介でのジョーイくん、声変わりしかけてることですんごく若かったことを再認識。演奏だけじゃ全くわからない。

サワードウ・プロジェクト、その後の後。

前回はここまで。

んで今日、例の研究室からアップデートのメールが。

おお〜!ほぼすべてのサンプルのイーストが識別されてる!これによれば全体としては、

Which yeast dominate each sample?

 

ALL SELECTED

  • SACCHAROMYCES CEREVISIAE (STRAIN 1)

    356

     
  • SACCHAROMYCES CEREVISIAE (STRAIN 2)

    59

     
  • NA

    15

     
  • KAZACHSTANIA SERVAZZII (STRAIN 2)

    14

     
  • KAZACHSTANIA UNISPORA (STRAIN 1)

    10

     
  • OTHER

    54

     

 

SACCHAROMYCES CEREVISIAEというイーストが最もドミナント

Saccharomyces cerevisiae is a species of yeast. It has been instrumental to winemakingbaking, and brewing since ancient times. It is believed to have been originally isolated from the skin of grapes (one can see the yeast as a component of the thin white film on the skins of some dark-colored fruits such as plums; it exists among the waxes of the cuticle).

Saccharomyces cerevisiae - Wikipedia

ワイン作り、ベーキング、ビール醸造の基本イースト、ってところか。ブドウの皮から採れるイーストの様子。

んで、気になる自分のサワードウ・スターターは、

  • SAMPLE ID

    294

  • YEAST TAXA
    • Kazachstania exigua (strain 1) 99.69%
    • Kazachstania exigua (strain 2) 0.24%
    • Candida sp. (strain 2) 0.03%
    • Saccharomyces cerevisiae (strain 1) 0.02%
    • Candida sp. (strain 1) 0.01%
    • Meyerozyma guilliermondii 0.00%
    • Wickerhamomyces anomalus (strain 1) 0.00%
    • Kazachstania humilis (strain 4) 0.00%
    • Kazachstania barnettii 0.00%

 えっと、あれ?基本のSACCHAROMYCES CEREVISIAEは0.02%しかないの???

んで自分のやつのドミナントは"Kazachstania exigua"というイースト、これが99%以上。

Kazachstania exigua is a yeast species that commonly occurs in olive brine[1] and in some kefir cultures.[2] It is one of the yeast species used in the production of sourdough.[3] It is acid-tolerant and maltose-negative.[4]

Kazachstania exigua - Wikipedia

オリーブ液から抽出できるイーストらしい。へぇ、おもしろいな。ちなみにこのイーストがドミナントなスターターはマップを見る限り自分のだけな様子、かなりレア物らしいw。

Kazachstania exigua

 今日も今週のパン焼きのために冷蔵庫から起こしてきた。頑張れオリーブスターター。

 

光の祭典。

今週のインドはヒンズー教のディワリでお祭り。インドのマネージャーのお休みメール、わざわざ"Diwali/Deepavali"と書いてある、ってこれは何かあるということで調べた。

Diwali, the festival of lights, is celebrated throughout India but there is a difference in origin, myth and the way in which it is celebrated. In 2017, Diwali is celebrated on October 18 in Tamil Nadu, Karnataka, Kerala and parts of Andhra Pradesh and Telangana. In North India, it is observed on October 19, 2017.

へぇ、ディワリといっても北インド南インドで違うのか。んで既出だけどバンガロールのあるカルナータカ州は南インド、なのでわざわざ"Deepavali"と入れたわけね。ただ双方とも意味的には同じ、「光のお祭り」。

North India

South India

Dhanteras (Oct 17) 

 

Choti Diwali (Oct 18)

Narak Chaturdashi

Deepavali/ (Oct 18)

Naraka Chaturdashi

Diwali / Lakshmi Puja (Oct 19)

Lakshmi Puja (Oct 19)

Govardhan Puja/ Annakut/

Diwali Padwa (Oct 20)/
Gujarati New Year

Kartik Shudda Padayami /

Bali Pratipada (Oct 20)

Bhai Dooj (Oct 21)

Yama Dwitiya (Oct 21)

 

一週間お祭りなのは同じだけど、それぞれの日の意味付けも違えば、州が定める祝日も水曜(Deepavali)・木曜(Diwali)と異なる。しかもヒンズー教ではないジャイナ教もお祭りなんだそう。色々違いがあれど皆この週で一致してる所が興味深い。 

番号のないクレジットカード。

いや正確には表側に。

No numbers on the front

なんか仰々しい封筒が届いてなんだろうと思ったら、ディスカバーカードのリプレース。もう全然使って無くて財布にも常備されてないんだけど、こんなふうに変わってた。まあ確かにエンボス加工の番号はもう意味ない(カーボン紙で番号擦ってたのっていつだっけw) んでいらないよなぁ。

というかこのプラスチックのカード自体早く消滅してほしい。スマートフォンで十分だよね。

今日の英語:Xi Jinping

= 習近平

今朝のNPRのMorning News、5年ぶりの中国共産党大会で習近平の勢力が強固なものに、というものだったんだけれど、英語での彼の名前の発音が「シー・ジンピン」。苗字の発音は"She"と同じ。なのでメディアで聴いてて"Xi is ..."とか出てくると、「えっと、彼女???」といつも一瞬戸惑う。そもそも彼の名前を知った時既にアメリカにいたんで「しゅうきんぺい」と言われてもピンとこないし…。

関係ないけどNPR、Morning Newsの次のコラムで取り上げてたのがこの話題。

もうね、今度は"I"と混同するこれは。

というかw、

随分昔にクパティーノにAi Restaurantという中華が在ったんだけど、この"Ai"は中国人名だったのかもしれないな。今ではレストラン藍もAi Restaurantもとっくの昔にクローズしてしまったけど。