Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

おんがく

8 Elements

お祝いがあり、ドーサを食べるべくここへ。 ドーサ・ビリヤニは必須だけれど、その他いつもはバターチキンカレーにする所、 インド・チャイニーズチャーハン。ちとしょっぱかった。 帰宅後、妻の焼いたショートケーキも堪能。

JDRF One Walk - NorCal 2022

パンデミック前にあったこのイベント、 今年再開されることになったようなんで参加。前回は弊社が大々的にスポンサーしてたけど、今回は会社のチームはあるものの、基本的に個人参加。場所は前回同様Great America。 この遊園地も閉鎖が決定、もう二度と来る…

今日の英語:biopic

= 伝記映画。 NPRで本人登場で紹介してた、アル・ヤンコビック自身の生涯をパロディにした自伝。Rokuのストリーミングで無料で観られるのを知って早速。 Daniel Radcliffe is “Weird” Al Yankovic in the unexaggerated true story about the greatest music…

Ron Carter: Finding the Right Notes

PBSのドキュメンタリー。これは必見。 ロン・カーター以上に偉大なジャズベーシストはいないと思う。番組中いろんなミュージシャンが登場するけど、皆同じ意見。それにしても御年85歳だけれど、素晴らしくしっかりしている。自分でダブルベース担いで移動し…

Highway Star (feat. Allan Holdsworth)

寝る時はたいていアレクサさんにKQEDか、何らかの音楽をお願いするんだけど、昨日はうまく聞き取ってもらえず、こんなのを流してきた。 なんじゃこりゃ Snewというバンド?も聞いたことないし、それもパープルのハイウェイ・スター。でもしっかりアランさん…

Zepのブートレグ映像。

1970年、LA Forumで行われたコンサートの映像がYouTubeに。 The band's 1970 concert at the LA Forum has circulated as an audience recording for decades — and now, we can finally see it youtu.be Led Zeppelin Concert Footage Hits YouTube After 5…

正確な三連符

最近どういうわけか家の中に紛れ込んだコオロギ。毎晩鳴いて、夏なのに秋の気配満載なんだけど、昨日Donald Fagenの曲に合わせて正確に三連符で鳴いていることに気づく。 Naoto Sato · Cricket chirping along with exact quarter note triplets これは狙っ…

Skyline — Ron Carter, Jack DeJohnette & Gonzalo Rubalcaba

昨日はグラミー賞。ベストアルバムとかベストレコードはあんまり興味ないけれど、Jazz部門はその年のまとめ的な意味でいい機会になる。で、今回の発見がロン・カーターのこのアルバム。 'Skyline', with masters of jazz trio : Ron Carter, Jack DeJohnette…

三度When The Levee Breaks

前にこの曲、2度ほど取り上げたけど、 世界各地のアーティストを集めて、ZepのJohn Paul Jonesが演奏したこれ、 youtu.be Watch Led Zeppelin's John Paul Jones Re-Record 'When The Levee Breaks' - Rolling Stone いや、かっこよすぎだろ。 He also feels…

今日の英語:slap

= (音楽が)最高に良い。 こんな記事を。 It's 2022. Let's get this out of the way. Stop saying food slaps. "Slap" is about the sound of music when it hits your ears, not the flavor of food when it touches your tastebuds. Period. Food Doesn't …

今日の英語:bluegrass

= イチゴツナギ属の芝。 中部の州を200マイル横断した大竜巻。特に被害の大きかったケンタッキー州、徹夜でキャンドルをクリスマスに向けて作っていた工場の被害者たちのことは心が痛む。 で、ケンタッキー州を紹介するのに"The Bluegrass State"と言ってた…

Get Back雑感。

昨日公開になった最終章パート3、全て合わせて8時間弱の長大ドキュメンタリー、休日はローラー倍回しルールを課していたおかげで本日観終えた。 ルーフトップ・コンサートとか数十年ぶりに観たけれど、それ自体が素晴らしいのは置いといて、あれだ、最も関…

今日の英語:drag queen

= ドラァグ・クイーン。 Get Backのパート2。アップルスタジオで収録シーンがメイン。Get Backの歌詞を推敲するシーンでPaul曰くSweet Loretta Martinがドラァグ・クイーンだと。なるほど今ままで気づかなかった。 Sweet Loretta Martin thought she was a w…

The Beatles: Get Back

ピーター・ジャクソンによるビートルズのドキュメンタリーが今日からストリーミング。 早速朝からローラー上で。 3部作で今日がパート1。ほぼスタジオで2年ぶりのライブショウに向けてのセッションなんだけど、いろいろな発見がある。今日のハイライトは曲と…

Zepの傑作アルバム50周年。

まあどれが傑作かは異論あるかもだけど、4枚めがちょうど今日でリリース50周年なんだそう。というか、 At the beginning of the last track, "When the Levee Breaks," drummer John Bonham pounded out a storming passage for the ages. The Beastie Boys …

ドゥービー・ブラザーズの曲が生まれた家。

Doobie BrothersのTom Johnston、サンノゼ州立大学に通ってたのも、当時その近所に借りてた家で初期の名曲を書いてたのも知らんかった。 SJSUのすぐ裏側のこの家、サンノゼの歴史的建造物に指定されるんだそう。近所なんで今度見に行ってみようかな。

『鯔背』

ひょんなことから「鯔背だなぁ」と思う事象があり、自分の日本語もまだなんとか保ってるなと思ったり。 そういえばジョン・スコフィールドのアルバムに「鯔背」というのがあったなと思って、ウィキペディア見てみたら、 『スティル・ウォーム[注釈 1]』(Sti…

「ネタニヤフ」の発音。

ローラー中のNPRのコラム。 イスラエルのアーティスト、Noga Erezのニューアルバム、"KIDS"が今日発売になるんでそのインタビュー。このアーティストについては前知識ゼロ。生粋のイスラエル人なのに英語が上手いなぁ(何故かイスラエル人は上手)と思いつつ…

チック・コリア。

今でもLP盤持ってるけど、Return To ForeverのLight As A Featherではまって以来、いやほんとよく聴いた。その後マイルスの第2期カルテット、エレクトリックバンド、もちろんソロ活動も。でもライブで聴いたのは一度しか無いかも。SFのYoshi'sがオープンした…

Saint Coltrane: The Church Built On 'A Love Supreme'

コルトレーンの教会がサンフランシスコにあって、随分前に閉鎖の危機にあったのは知ってたけど、 この教会のドキュメンタリーが20分のショート・フィルムになっていた様子。NPRで取り上げていた。 Jazz Night visits the St. John Will-I-Am Coltrane Africa…

Warna - Joey Alexander

コロナ禍の前にリリースされてたのを忘れていて、最近漸く聴きまくっているJoey Alexanderの新譜。 Review: Joey Alexander Becomes More Than A Prodigy On 'Warna' : NPR 記事に神童から脱皮みたいに書かれているけど、確かにもう「Joeyくん」とは書けない…

Dougie Stu’s Spiritual Jazz Debut is an Album for Going Inward

KQEDで取り上げてたのをたまたま、 地元オークランド出身のアーティスト。"Spiritual Jazz"と言いつつ、全然重くなく聴ける所がよろしい。

Mississippi’s Christone ‘Kingfish’ Ingram on a blues revival

去年知った、 若干21歳のブルーズギタリストのインタビューがPBSで。 デルタ・ブルースとかもう既に伝統芸能の領域だけど、Buddy Guyに見いだされた経緯等語っている。 支援。

イギリスのJazz FM局

このツイートで、 Our final accolade and special award - the PPL Lifetime Achievement Award - goes to the legendary Herbie Hancock A massive congratulations to Herbie and all the other winners and nominees of the Jazz FM Awards 2020 with O…

Palo Alto - Thelonious Monk

例のお蔵入りになりかけたモンクの新作。 ようやく手元に。 どういうわけかアマゾンでデジタル・ダウンロードオプションなし。ということで円盤。 インパルスレーベルの円盤とか、久しぶりに見ると新鮮。NYTでも記事が載っていた。 それほど画期的ということ…

『堤防が決壊する時』

昨日ウトウトしながら聴いていたNPR。 カトリーナから15年、メキシコ湾沿いのエリアの治水についてのコラムなんだけど、その中で堤防について語っていて、"When the levee broke..."というフレーズでZepの曲を思い出す。 Zepの黄金期、4枚目のアルバムの最後…

モンクの新作。

2ヶ月ほど前にパロアルト高校での幻のライブ版発売!というニュースが。 ということでアマゾンで予約。予約特典で一曲ダウンロードしたりして発売日の7/31を心待ちにしていた。が、8月になっても一向にリリースされた気配がないし、そもそもアマゾンのオー…

O-o-h Child

いまだに続いているカマシブーム、この "Ooh Child"という曲、不思議なコード進行が気に入ってたんだけど、実はソウルの名曲であることを知る。 ソウルトレイン😄 昔やってましたね。あの頃、というか今までまともにソウルというジャンル聴いてこなかったけど…

Dinner Party

久々音楽ネタ。Kamasi Washington、知ったのはこれがきっかけだけど、 遅まきながら最近マイブーム。The Epicとか、コルトレーンの現代解釈な気がしないでもないけど、まあそこが良いところでもある。それでいてメロウなブロウもあり。最近はミシェル・オバ…

今日の英語:wooden

= 「ぎこちない」の比喩表現。 サックス吹けなくなって引退したソニー・ロリンズ。 呼吸器系疾患なんで、この時期特に大丈夫か心配してたけど、New Yorkerでインタビューされてて安泰なことを知る。 彼の近況や最近の出来事についてなんだけど、そこはNew Yo…