Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

英語

今日の英語:Chinese menu

= いろんなカテゴリの複数選択肢からそれぞれ1つずつ選ぶこと。 The origin of the second sense is from the practice of some Chinese restaurants which — for a fixed price — instruct the customer to make selections such as "one from Column A, t…

今日の英語:microaggression

= 無意識に行われるかすかな差別。 またBlack-ishからなんだけど、ホント勉強になるなこのドラマ。 奥さんが職場で受けたmicroaggressionについて義理の母と議論、というシーンなんだけど、元になった職場のシーン、奥さんがUSCの医学部を修了したことへの(…

今日の英語:colorism

もう一発英語、というかカルチャーネタ。 Black-ishもようやくcatch-up。んで、ちょっと前のこのエピソード、 これのテーマだったのが"colorism"。白人・黒人間の差別は明確だけど、同じ人種内でも色の濃淡で差別があること。 Discrimination based on skin …

今日の英語:cultural 〜

cultural appropriation = 文化の取り入れ cultural assimilation = 文化の同化 カリフォルニアロールは"cultural appropriation"。自分がスモークバーベキューにハマるのは"cultural assimilation"。時々どっちか混乱する。 関係ないけど、件の人は明日のグ…

サンフランシスコ・アクセント。

アメリカの大都市にはニューヨークなり、ボストンなりそれぞれ固有の英語アクセントがあるけれど、サンフランシスコは?という疑問。 ミッション地区のアイリッシュたちの間のアクセント、"Mission Brogue"がそうなんじゃ?という意見もあるけど、やっぱりユ…

今日の英語:broken bird

= 情緒不安定な人、特に心のトラウマが原因な場合。 Fresh Off The Boatのキャッチアップ了。次は溜まってるBlack-ish。

今日の(中国)英語:sitting the month

= 坐月子 "Zuò yuè zi"。中国の厳格な30日の産後の肥立ち。 今シーズンFresh Off The Boatをやってるのに今気づいてbinge watch中。ベイエリア雨なんで。これ、エピソード2に出てきたんだけど、 伝統的な坐月子は、出産後のこの期間に女性は次のようなこと…

今日の英語:kingfisher

= カワセミ。 Kingfisherと言ったら自分にとってはバンガロール発のインドビール。 バンガロール出張で上司からKingfisherについていろいろ教育受けたり、親会社が建てたラクシャリーモールUB Cityに連れてってもらったりしたんでこの印象なんだけど、こんな…

今日の英語:put lipstick on a pig

= 豚に口紅。口紅塗ってきれいに見せても豚は豚。 友人のツイートに出てきて、おおなるほど!と思ったら前に日記ネタにしてたよorz。 この手の既出物、「今日の英語」で何度かやってるのは承知してるけど、忘れたもののリマインドという意味でいいんじゃない…

今日の英語:cave

= 屈する。 "caveman"とかまあ真っ先に名詞の洞窟が思い浮かぶけど、動詞だとこの意味。 トランプが来月15日まで政府を再開することに同意。流石に支持率が気になってくるだろうし、そもそもSOTUが出来ないからな、このままじゃ。

今日の英語:winker

= ウィンカー。 「ウィンカー」の語源について調べたんで、エントリーにして残しておく。ことの始まりは昨日の族仕様ウィンカー事件。ウィンカー自体はその後無問題でめでたしなんだけど、この「ウィンカー」、ずーっとイギリス英語だと信じ込んできた。ウィ…

今日の英語:double whammy

= ダブル・パンチ。 Gov't Shutdownの影響で、低所得者向けのフードスタンプにも影響が出だしている。政府が一月も止まってたら色んな所に波及するのは目に見えてるけど、2重・3重で影響が出だすのは弱者から。😡

今日の英語:Pineapple Express

= 赤道近辺からやってきて西海岸に大雨をもたらす低気圧。 ここ数日は冬特有の雨気候、中でも今日は大嵐。ベイエリアで"storm"と言ったら日本人からしたらしょぼいのが多いけど、今日のはまとも(?) んー、まさに波状攻撃。正式には"Atmospheric River Eve…

今日の英語:swatting

適当な訳語が思いつかないけど、wiktionaryによれば、 swatting (plural swattings) A motion or gesture that swats; a swat. quotations ▼ (slang) The action of making an illegitimate call to the police so as to have a SWAT team dispatched to a l…

今日の英語:blue flu

= 病欠を理由にしたストライキ。 もう一発英語エントリ。政府機関が閉鎖しているアメリカ、必要部署は無給で職員が働かされてるんだけど、やってられないよねやっぱり。 TSA職員、"blue flu"で休んで機能しないところも。

今日の英語:eucalyptus tree

= ユーカリの木。 カリフォルニア、ゴールドラッシュ以降州の指導の元ユーカリの木を植林してきたんでそこら中にユーカリの木が生えている。んで、このユーカリの木、火事の際に樹液の影響で被害が大きくなる危険があるんだそうだけど、その他にも、 根が浅…

今日の英語:sympathizer

= 同調者。 日本語の辞書、例えば英辞郎だと、 sympathizer 【名】 シンパ、共鳴者、支持者、同調者 なんとなくポジティブな印象だけれど、英語だと、 sympathizer (plural sympathizers) (often derogatory) A person who sympathizes (with a political ca…

今日の英語:ghosting

= バックレること。 もともとデートアプリTinderあたりで出てきたらしいんだけど、職場のバックレがここアメリカでも問題になりつつあるらしい。 FRBでさえこの語を使うご時世。 A number of contacts said that they had been ‘ghosted,’ a situation in wh…

やっぱりアパラチア英語。

炭鉱に4日間、3人が閉じ込められ、無事救出というニュース。 これ聞いてて、初めインタビューがよく聞き取れず、真剣に聞いたらああ多分アパラチア。場所が何処か最後まで言ってなかったけど、最後にWest Virginiaと。やっぱり。 これ以来アパラチア英語には…

今日の英語:paint-by-number(s)

= 型通りの。 Eaterの「ミールキットはなぜオフライン化するのか?」という記事。 まあその回答は至極当然、新規顧客開拓、ということなんだけど、そこで出てきたのがこの"paint-by-numbers"。これ、実は調べたら、 Paint by number or painting by numbers …

今日の英語:eulogy

= 弔辞。 お悔やみ、という言葉だと文字通り"condolence"があるけど、今日の父ブッシュのお葬式のニュース、子ブッシュを始め弔問者のスピーチに関してはこの単語を使っている。へぇ、と思うのはこの単語の動詞が"eulogize"で「褒め称える」という意味なんだ…

今日の英語:for the birds

= くだらない、ばかげてる。「鳥のために」じゃないよ。 レストランでのチップについて、過去記事だけどこんなのがEaterに。 チップをケチる人々の心理、という興味あるテーマ。まあチップ制度にいろいろ問題があるのは明らかだけれど、金銭的に困ってないの…

今日の英語:shade

= かすかな侮辱。 それはG20での安倍総理のトランプへの中間選挙についてのコメント。 PM Shinzo Abe of Japan to Trump just now at G20: "I want to congratulate you on your historic victory in the midterm election in the United States." — Jonatha…

Toxic

それはオックスフォードが選んだ、2018年の「ことば」。 London (AP) -- What single word best captures the tone of the past year? Oxford Dictionaries says it's "toxic." Bloomberg -The 2018 Oxford Word of the Year Isn't Nice, It's Toxic 文字通…

今日の英語:detox center

= アルコール・薬物依存症更生施設。 「デトックス」したい人びとが集まる場所じゃない。

Trick-or-Treat

って英語的に変だよな。"or"の用法が違ってる。正しくは"Treat, or trick!"なはず。 という疑問は誰も持つようで、同僚が聞いたけれど「古い英語」とか「語呂が良いから」とか、今ひとつ理由がわからない。 まあそんなことはどうでも良くて、今年も家でキャ…

今日の英語:squeak/creak

= 軋み音。 いつもチームミーティングはリモートでzoomなんだけれど、誰かの家の椅子がキーキー。それを聞いたある人曰く、「誰かの椅子が軋んでる、squeaky/creaky、あれどっちだっけ?」 まあネイティブが悩むぐらいなんで微妙なんだろうけど、調べてみた…

今日の英語:monolid

= 一重まぶた。 もちろんsingle eyelidもありだけど、この語、英辞郎に載ってない。ただ使用度からしたらmonolidの圧勝: // しかもカリフォルニアを除くと、"single eyelid"って使わない様子: // というのも、 一重まぶたを二重にしたいという願望はグロー…

今日の英語:cation

= +イオン。 もうすぐハロウィン。化学の先生である次男のコスチュームアイディアが"cation"。なにそれ?と教えてもらったらプラスイオン。この手の基礎知識英語に欠けるんだよな。 んで、"cat"ってなんだろう、猫?とか思ったら、古代ギリシャ語で"going d…

今日の英語:camaraderie

= 仲間意識。 The New Yorker Radio Hourに出てきたこれ、 R&Bシンガー、Kelelaのインタビュー。エチオピア移民の彼女、小さい頃からマイルスやハービー・ハンコックで育ったらしいけど、 There's no camaraderie around jazz when you get to your elementa…