Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

「健康食」が脳を蝕んでいるという説。

たべもの ヘルスケア

そんな本がベストセラーになっているらしい。

"The brain thrives on a fat-rich, low-carbohydrate diet, which unfortunately is relatively uncommon in human populations today," he says. Carbohydrates typically thought of as healthy, even brown rice, 100% whole grain bread, or quinoa―mainstays of many of the most health-conscious kitchens―cause disorders like dementia, ADHD, chronic headaches, and Alzheimer’s, over a lifetime of consumption.

今まで脂肪やコレステロールと比較して健康食とされていた、全粒粉や玄米、キヌアなどの炭水化物、長期的に脳に悪影響を与えているというのが主旨。それらを食事から排除して替りに脳の栄養となる脂肪、コレステロールを摂ることにより、新しい脳細胞の誕生を促すのだそう。

Grain Brain: The Surprising Truth about Wheat, Carbs,  and Sugar--Your Brain's Silent Killers
David Perlmutter
Little, Brown and Company
売り上げランキング: 7,103

この本を書いているのが美レンジャーの編集者みたいなんだったら信用ならないけれど、著者であるDavid Perlmutter医学博士はアメリカ唯一の神経学科医&"American Board of Nutrition"のフェロー。主張はそれぞれしっかりとしたバックグランドがある様子。
これはちょっと読んでみたい。