Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

大腸内視鏡検査。

ヘルスケア

ここ数年来、ファミリードクターから勧められていた大腸内視鏡検査。先週が奥、今週が自分と受けてきた。大腸内にスコープを入れ、異変を調べるもの。そのため腸内をクリーンにする必要が有るため、前日丸一日絶食。赤系じゃない液体のみ摂取可能。こんな下剤?をがぶ飲み。

The "Doses"

なのでそれ程絶食でハラヘリ!という事にはならなかった。逆に自分の場合なかなか腹が下らず、このまま明日の処置不能に陥るんじゃないかとか心配したり。なんせ奥の場合、下剤を飲んでしばらくしたらOKだったんで。

そんな心配も明け方辺りに解消。早朝に2度目の薬がぶ飲みして病院へ。点滴用に静脈に針を打ち込むんだけれど、看護婦さん2人がかりで3度試しても失敗。dehydrationのためなんだそうだけど、単にヘタクソかもw。ようやく4度目に麻酔医さんが登場して事なきを得る。麻酔医さんが上手く針を刺した時ほくそ笑んでいたのを見逃さなかった奥。

この後手術室に運ばれ、全身麻酔の薬投入で意識なし。ただ、骨折等に使うガス系全身麻酔と違い弱めなのか、術中に目が覚めてしまった。でも全然痛くなし。

処置自体は20分程度で終わる。術後にお医者さんのブリーフィング。3mmほどのポリープがあったので除去。それ以外は問題なし。ポリープもまず良性と考えて問題ないものだそう。この後病理検査で1週間ほどで結果が出るらしい。それによって次のスクリーニングが5年か10年かが決まる。方や奥はまるで問題なし。なので彼女は10年後。