Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:queer

英語

= LGBT

もう一発英語。もともとは「変」という意味でゲイの差別表現だったんだけれど、最近は肯定的に使うことが多いらしい。LGBTと同義で使う他、性的にストレートでない(かどうかわからない)けど、一般的なLGBTに属さないカテゴリ、という狭義もあるらしく、LGBTQという表現をすることもある。

というのもNPRのこんな記事を読んだ。

LGBTコミュニティ、マイノリティのその中でもやっぱり中心は白人なんだそう。

"Because white people were more visible and talked about. In literature I would see Caucasian faces, but hardly any API [Asian Pacific Islanders], and absolutely no Nikkei!" 

 なんか前にBlack-ishで感じた「サイレント・マイノリティ」を思い出したけど、日系人LGBT(とその家族)の人々が溶け込みやすいQueer Communityを作ってプロモーションしようというイベントがLAとベイエリアであったらしい。その名も「おかえり」と「ただいま」。

「ボーカル・マイノリティ」になることを期待。