Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

今日の英語:my opponent

英語

= 対戦相手。
大統領選がいよいよ花ざかり。先週の水曜に初の直接対決、presidential debateがあった。オバマの喋り方になんか引っかかりがあるように感じた第1回だったけれど、どちらもこの"my opponent"という呼び方をしなかった。というのも随分前にブッシュのディベートを見た時、相手のことを常に"my opponent"で指していたんでかなり気になっていたんである。
で、調べたらこんな記事を発見。

What do they call each other?

Will it be “Mr. President” or “the president” when Mr. Romney refers to his rival on the stage? Will Mr. Obama talk about the policies that “the governor” wants to pursue? Or will he talk about the impact of those policies from “my opponent”?

相手をどう呼ぶかは、相手のことをどう捉えているかという印象を与える、という面でも結構重要になりうるポイントで、ディベートのコーチからしっかり教授されるらしい。
昔見た、ブッシュの件の言及もあった。

Debate coaches often suggest that candidates do whatever they can to subtly undermine their rival’s experience and stature. In 2004, President George W. Bush repeatedly referred to Senator John Kerry as merely “my opponent,” even when referring to Mr. Kerry’s Senate votes.

ケリー「上院議員」という印象をなるべく押さえるために単に「私の相手」という言葉を徹底して使え、とコーチされた結果らしい。うーむセコいなぁw。