Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

ナパ200Kブルベ。

走ってきた。場所は主催するクラブのあるSanta Rosaから更に北にあるHealdsburg。ここを8時にマススタート、と言うことは7時過ぎぐらいには到着したい。ということは家を5時前に出ないと間に合わない。早起きできるかが一番緊張した。
なんとか7時過ぎに現地到着してチェックイン。じっとしていると凍りそうに寒い。
Check-in
周りを見回して発見したのがこのバイク:
Volagi Liscio
おお、これは!例のSpecializedに訴えられたVolagiのLiscioではないですか!しかも話を聞くとオーナーは例の裁判で訴えられて無罪だった人だった。そういえばVolagiの所在地はこの辺りだったかも。
そして出発前のライダーミーティング。ここで「私はおバカなことはしません」と宣誓させられる。
Riders Meeting
今日のコースはちょろっと北上してループしたあと、ぶどう畑の中をひたすら走るコース。右に左に、有名どころのワイナリーの畑がどっさり。
Hwy128
Vineyards (dormant)
一気に70マイルほど走ってNapaのランチストップに到着。昨年Paris-Brest-Parisを完走したブルベのベテラン、saganoさんによればブルベでランチが振舞われるのはめったにないらしい。しかも、
Lunch was AWESOME!
Subwayのサンドイッチの他、数々の果物、手作りクッキー、クリフバー、オレオ、ベジなど盛りだくさん。感動したのはミカンが全て皮を剥かれて提供されていたこと。ボランティアの熱意を感じた。さらにHammerのジェルはボトル付きでくれた。
Free Hammer Gel/Case
ランチストップをあとにする時、ウォーターボトルに何を入れようか迷っていたらそこのオジサンが"Magic Drink Mix"を勧めるんでそれにしようか迷ってたら、saganoさんが「それめちゃまずいよ!」その一言で2スクープ貰うことを決めたw。いやだけどこれ(Perpetuem)、個人的にはヒットだった(味、という点ではなく)。
コースは複雑ではなく、チェックインが必要なコントロールはランチストップとゴールのみ。後はライド中にサインボードのフレーズをチェックするという"informational control"と呼ばれるもの。これらをブルベカードに記入し、ゴールで時間を記入して提出。今回のタイムは8時間16分。
Check-in at the finish
ゴール後はBear Republicといるレストランでまったりと。自分はアーティチョークが大好きだということを再確認。
Black stout
Post ride dinner
しかし行きと帰りの運転が長くて辛いけれど、$20でこれだけ楽しめることってあんまりないんじゃないだろうか。今日は天気も最高だったし。久しぶりにペースラインの楽しさも味わえたし。言うことなし。
今日のライド:http://app.strava.com/rides/3694859