Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Computer History Museum

おでかけ テクノロジ

存在は知りつつも、今まで行く機会がなかったMountain ViewにあるComputer History Museum。たまたま勤務先が無料で開放してくれるイベントが昨日・今日とあったんで長男を連れて初めて訪れてみた。

2時間ほど巡ってみたけれど、どちらかと言えばハードウェア主体。気になった展示を幾つか。

 言わずと知れたENIAC(の一部)。ついていたプレートには「John von Neumannの勧めによりアメリカ陸軍の弾道研究室から出展」とある。これだけでもコンピュータ史上重要なポイントを突いてるよな。

 ENIACを作ったエンジニアたちが商用に作り上げたUNIVAC。

 エニグマ。第2次大戦中のドイツの暗号化装置。未だ未解読な暗号があり、それを解くプロジェクトもある。

コンピュータ史を語る上でさけて通れないのがIBM。ただ元はタイムカード用時計や、

 計り!を製造していたり。まあ"business" machinesだからね。

IBM 1401用に特別にデモルームが設置。昔の映画の一場面にありそうな光景。

汎用機代表、System 360

 エポックメイキングだったIBM PC、それにPS/2。このへんになるとようやく身近に。昔携わったOS/2の言及も。

トークン・リング・ネットワークとか涙出る。当時イーサネットが10Mbpsだったところ16Mbps出せる、とか新入社員研修でさんざん教えこまれた気がw。

 個人向けといえばやっぱりアップル、特にここシリコンバレーならなおさら。よってApple I,IIはもちろん展示。他にもMac plusとかもあったな。

 Sunは影が薄かったな。かろうじてSun-1 Workstationがあった程度。お世話になったSun 3を見たかったな。

 スパコンのCRAY-1

 この配線は何だ!

それにしても楽しめる場所だった。長男も面白がっていた様子。特にゲーム系。いい機会を与えてくれた勤務先に感謝。