Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

Yo! China

たべもの

今日の夕飯、前から気になっていたここへ。ホテルの真向かいだけど例によって決死の道路横断。

Yo! China

なかなかキャッチーなネーミング。メニューが凄い。

Menu @ Yo! China

たぶんインド人が連想する中国のイメージってこんなんなんだろう、とおもってこっちの同僚に聞いたら、東アジア(含、日本)のことをひっくるめて"Chinese"と纏めてしまう大雑把さがあるらしい。 ウェブのメニューには"Ramen"があったけど、このメニューからは消えていた。想像するに右手で食べるインド人には箸はムリなんだろう。基本汁そば系は手じゃ食べられないしな。

で、アペタイザー1品、メイン2品、それにご飯を注文。

Tofu with Black Bean

 豆腐と黒豆の前菜。餡かけが胡散臭いけど味はそれなり。

メインディッシュその1。"Zyng Zyng Chicken Schezwan Sizzler"

Zyng Zyng Chicken Schezwan Sizzler

 これは凄いぞケチャップ味。アメリカンチャイニーズと違ってそこまで甘くはない。

メインディッシュその2、"Classic Vegetable Manchurian"

Classic Veg Manchurian

 "Manchurian"、多分「満州国」から来てるんだろうけど、これは完全に創作系。

  • Manchurian Chicken, consisting of chicken with vegetables in a spicy sauce.[5] It is entirely a creation of Chinese restaurants in India, and bears little resemblance to traditional Chinese cuisine.[3] It is said to have been invented in 1975 by Nelson Wang; Wang described his invention process as starting from the basic ingredients of an Indian dish, namely chopped garlic, ginger, and green chilis, but next, instead of adding garam masala, he put in soy sauce instead, followed by cornstarch and the chicken itself.[6] A popular vegetarian variant replaces chicken with cauliflower,[5] and is commonly known as gobi manchurian. Other possibilities include prawn, fish, mutton, or paneer.[citation needed]

Indian Chinese cuisine - Wikipedia, the free encyclopedia

 コーンスターチで野菜を丸めてミートボール状に。それにグレービーソースを掛けるという中華とは似ても似つかぬレシピ。これぞインド人による中華料理解釈。まあそこまで変な味じゃないと思ったのは、中国人じゃないからか。

Excess Steamed Rice

 それにしても御飯の量が半端ない。ビリヤニでも感じるけれど、きっと御飯文化の南インドの特徴なんだろう。