Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hole In The Wall

カリフォルニア州サンノゼ在のソフトウェアエンジニア。

アメリカから見た日本のリセッション。

NPRで「日本のリセッションからどう学ぶべきか」という話題をやっていて興味深かった。


この中で解説者が言うには基本次の3つ:

  • One is that deflation falling prices in wages is a really tough condition to get out of.
  • Secondly, if you move too soon to cut your debt when your economy is weak you could make things worse.
  • And third aging economies can benefit from immigration.  

 この3つ目、日本は「移民」に対して耐性がないというのが興味深い。そのため老齢化社会になるというもの。アメリカは若い労働力を移民でまかなうという、ある意味オープンな政策を取れるけれど、クローズドな日本にはそれが難しい、という解説。

そういえば今日、オバマが漸くというか、共和党の理解を得ずに無理やりと言うか、移民法改正案を大統領権限で発表。


一定の条件を満たす不法移民の国外退去を期限付きで延期する、というのが趣旨。オープンすぎるせいで不法移民の対策に困る、それでいて彼らに頼らざるをえないアメリカ。"fix our broken immigration system"というには遠く離れていると思うのだが。移民に対する日本のクローズドな姿勢、アメリカのオープンな姿勢、どちらが正しい、と白黒はっきりとはいえないんじゃないかな。